2009年12月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2009.12.18 (Fri)

番長に聞け! フランス人夫の金銭感覚、の巻

 番長たるもの、弱きを助け強きをくじく、を身上にしねえとな。
 今日はフランスがらみのお悩みを快刀乱麻、ズバッと解決しちまうぜ。



 50歳のフランス人を夫に持つ日本人です。私は10歳あまり年下で、フランスでの同棲を経て結婚しました。いまはフランス語を勉強する傍ら、主婦をしています。

 悩んでいるのは、夫の金銭感覚の乏しさです。彼が私に渡すお金は、食費として月々300ユーロだけ。なのに毎週花を買えだの、50ユーロもする高価な食材を買えだの、無理難題を押し付けてきます。

 極め付けが唐突に始まったアンティーク品の収集。毎月1000ユーロを使い込み、支払額は計5000ユーロを超えました。今のところはビジネスが順調で、だから歯止めが掛からないようです。しかし、夫のビジネスは今後頭打ちになりそうな業種。やめるようにお願いしたのですが、やめません。

 将来を考えたら、彼に貯金をしてほしいんです。
 私はスーパーのレジうちでも、運転手でもいいから働きたいと考え、懸命に職を探していますが、外国人ということもあってなかなか見つかりません。
 私が馬鹿なのでしょうか。フランス社会にそむいているんでしょうか。



 ふむふむ、なるほど。お困りの様子だな。
 だが、アンタが馬鹿かどうか、そんなことは知らんよ。興味があるならバカロレアでも受けてみたらどうだい。

 (バカロレア……フランスでいうところのセンター試験)

 番長から答えられるのは一点だけ。
 フランス社会にそむく考え方、ではあるかもしれんなってことだ。

 フランス人であるかどうかに関わらず、50歳で結婚したような男に、家庭を顧みろったって無理な話よ。独身生活の長い人間ってのは、自分の世界を捨てられねえもんだからな。
 独立自営業者であるアンタのダンナ、自分で稼いだカネを使ってなにが悪い、と思ってるだろうぜ。

 日本と違うところは、フランスではこの話を聞いた誰もがダンナの肩を持つだろう、ってとこだな。


 まず第一に、フランスってのは共働きが当たり前の世界。専業主婦という考え方は存在しねえ。何も仕事をしてねえなんてのは税金ドロボーくらいにしか思われねえのよ。こりゃホントの話だぜ。
 フランスは女性が働きやすい社会と言われていて、まあその通りだとは思うが、裏を返せば女性も働くことを半ば義務付けられてる社会なのよ。
 だから週35時間労働でも社会が回ってるんだぜ。


 次に、貯金をしねえということだが、これもフランス人共通の気質。なんつっても高い税金のおかげで老後の心配をしなくていいもんだから、稼いだカネはパンパカ使っちまうのよ。
 よくフランス人は長いバカンスを取るってうらやましがるよな。確かに、1ヶ月くらいはフツーに取るが、考えてもみろよ。バカンスに行くったってタダじゃねえ。1ヶ月間、ホテル暮らしをしないまでも、たとえキャンピングカーの中で寝泊まりしたって結構な出費だぜ。食事にしたって、家でつくるのが一番経済的なんだからな。
 ちなみに、日本人1人あたりの平均預金残高は619万円。フランス人だと228万円だそうだ。


 もう一つ。フランス人の男に家庭を守る気持ちはないのか、とアンタは聞くが。
 その質問の立て方自体がすこぶる日本人的、と言わなきゃなんねえな。
 男か女か、は関係ねえ。フランス人は「愛がなくなった」っつって離婚するだろ。家庭を守ることよりも、夫婦間の愛情の方が大事なのよ。
 パリの離婚率は50%を超えるって話もあるぜ。根拠は知らねえがな。


 おそらくアンタ、日本じゃバリバリ仕事してたんだろ。それがフランスじゃ一切通用しねえ、フランス語もままならねえで、仕事はうまくみつかんねえ。しょうがなく家事をしてるが、不安は募る一方。なのに夫は無関心。鬱屈はわかる。


 俺だって似たようなもんよ。
 先輩から譲り受けた伝統の学ランも、フランス人のモナミに言わせりゃ、「バンチョー、葬式にでも行くのかい」だってよ。
 ゲタにいたっては「さすがはジャポン、スケート靴まで木でつくるんだね。でもフランスには鉄っていう便利なモノがあるんだよ」だと。
 郷に入っては郷に従えとは言うが、フランス世間の風は冷てえよな。


 スマン、番長にはアンタと一緒に泣くことくらいしかできねえ。
 呑みねえ呑みねえ、ビッグマン呑みねえ!




bancho200.gif



スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

23:53  |  番長に聞け!  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)  |  編集  |  上へ↑
 | BLOGTOP | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。