2009年12月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2009.12.31 (Thu)

フランスの大晦日名物と言えば、紅白歌合戦ならぬ……

 まいったね。
 フランスの大晦日には、まいったね。


 フランス特有の大晦日名物って、なんだか知ってるかい。
 花火でも打ち上がるのかって? 違うね。
 教会のミサ? それもあるが、まぁクリスマスイブほどの盛り上がりはないわな。


 アンタ、フランスをみくびってもらっちゃ困るのよ。
 んなキレイゴトじゃあねえんだぜ。

 フランス在住のみなさんに加えて、冬休みで旅行中よーオホホホなんて人も、よくよく大晦日には注意しなくちゃいけねえ。
 在住組のみなさんにとっちゃ釈迦に説法だろうが、殊にフランスにロマンチックな幻想を抱いてる子猫ちゃんたちには、用心に用心を重ねてもらいてえ。


 フランスの大晦日といえば、これ。



s-incendies.jpg
フランス24より)



 放火よ。


 見ろよこの写真、イラクかアフガニスタンあたりで、自爆テロでも起きたのかって感じだろ?
 フランスなのよ。

 狙われるのは駐車されている自動車やバイク。
 たいていガソリンを積んでるから、引火して大炎上なんてことも多いんだぜ。


 日本では、というかフランス国外ではほとんど知られてねえようだが、いつのころからか、大晦日の夜には車が燃やされる、と相場が決まってる。
 昨年、2008年の大晦日から09年元旦にかけては、1147台が放火された。結構な数だ。
 愛車を燃やされちまった人にとってみりゃ、なんとも散々な年明けだよな。

 放火の件数は、年を追うごとに増えているらしい。



s-incendies1.jpg
Rue89より)



 3年前に比べると3倍に増えたそうだ。

 なんだってフランス人はこんな馬鹿なマネをしでかすのか?
 フランス人であるところのオレのダチ公、モナミに聞いてみたのよ。そしたら、
 「メ・ノン、バンチョー! やってるのはフランス人じゃない、移民たちさ!」

 どういうことかと言うと、大晦日の放火が起きているのはパリ郊外など治安の悪い地域に限られ、やっているのはそこに住む低所得者層の移民、しかも若い連中だ、って言うんだな。
 職もなく、教育もろくに受けず、カネはない。未来の展望もない。そんな愚連隊たちが新年という機会に乗じて日ごろのうっぷんを晴らしてるんだ、と。


 実はこの移民問題、フランスではしょっちゅう俎上に上げられながらデリケートな問題なんだが、確かにアラブ系やアフリカ系の移民が多く住む地域ってのは大都市の郊外にあって、貧しいが故に治安は悪い。
 それに、報道によると、確かにパリ郊外は大晦日放火の件数が多いらしい。ちなみに、続くのはドイツ国境に近いフランス東部、ストラスブールを中心とするアルザス地方なんだそうだ。


 だが、件数の偏りはあるにせよ、大晦日の放火自体はフランス全土でまんべんなく起きているようだぜ。



s-incendies3.jpg
Rue89より)



 上の地図は大晦日の夜に放火があった場所を炎のマークで示したもの。
 ご覧の通り、人口の多い都市では地域に関係なく発生していることがわかる。

 これだけのデータじゃ、果たして本当に犯人が移民の若者だけなのかは、何とも言えないと思うぜ。
 しかし、フランスじゃそういうことだとして、半ば常識化してんのよ。


 いずれにしても、だ。
 日本で不良行為、ヤンキーが問題になることがあるわな。
 暴走族、ドリフト族、初日の出走行、成人式での乱痴気騒ぎ……。

 番長は学ランこそ背負っているが、ヤンキーではない。連中の肩を持つ気は一切ねえよ。うるせえのはハタ迷惑だし、弱いものイジメは最低だ。

 だがよ、思わねえか。フランスに比べるとずいぶん、節度を守った不良行為だな、ってよ。
 枠の中で安全に暴れてるっつーか、所詮はガキのママゴトなんだよな。
 おっと、念のために言っておくが、大晦日放火を褒めてるんじゃ決してないぜ、もちろん。


 いずれにしても、大晦日といえば放火だ。覚えておいてくれ。
 フランスで大晦日の夜と言えば、仲のいい友達の家なんかに集まってするというのが定番。街角でどうこう、って光景はそんなに目にしないぜ。
 どっかでカウントダウンやってるかしら、なんて気安く出歩くのは考えもんかもしれん。気を付けてくれよな。


 そうそう、知識は荷物にならねえって言うからな、もう一点だけ。
 大晦日の夜以外にもう一日、自動車放火がバンバン起こる日があんのよ。いつだかわかるかい?
 7月14日。そう、フランス革命記念日なんだよな。どうやら、お祭りムードに乗じてやってるらしい。
 どうにもしょうがねえな。


 いや、まいったね。
 今年最後の更新だってのに、テーマが放火になっちまったのにはまいったね。
 だがな、これがフランス本来の姿なのよ。


 どなたさまも隅から隅まで、良いお年を。
 アンタの2010年が、目ん玉ひんむくくらいにおめでたーい年になることを祈ってるぜ。





bancho200.gif


スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

10:15  |  俺節フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)  |  編集  |  上へ↑
 | BLOGTOP | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。