2010年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2010.01.22 (Fri)

フランスのマルシェ、これが真の姿?だ!

 まいったね。
 フランスのマルシェには、まいったね。


 マルシェ、つまり市場。
 新鮮な食材や温かみのある民芸品なんかが手に入る、と言われているな。


 それが間違いだとは言わねえ。



s-marche1.jpg



 トマトばっかり、様々な種類や形のものを集めた屋台。



s-marche2.jpg



 各種の油漬けにしたオリーブを売る屋台。試食自由。



s-marche3.jpg



 新鮮な果物を売る屋台。この色ツヤ、スーパーにはないぜえ。

 ってな!
 アンタがたの想像するマルシェってのは、こんなのだろ?


 だがな、それはフランスにあるマルシェの、ごく一部でしかねえ。
 今からお見せするのは、ある都市の郊外で毎週日曜日、定期的に開かれるれっきとしたマルシェの様子だ。
 郊外ったって都心からのトラムがちゃんと走ってるんだぜ。



s-marche4.jpg



 一見、普通そうに見えるだろ?
 だがな、このマルシェで主流を占める商品ってのが、実はこれなんだ。



s-marche5.jpg



 自動車のヘッドライト。テールライト混じり。
 どう見ても中古。
 それと、サイドミラーがいくつか。



s-marche6.jpg



 こちらにも自動車のヘッドライト。
 タイヤも置いてあった。


 番長、これを見たときに起きちまった、アハ体験。
 なにかが頭の中でつながったのよ。

 そういえば街中で、ヘッドライトやサイドミラーをもぎ取られたような車、見かけるな。
 そういえばヘッドライトもサイドミラーもタイヤも、自動車のロックを解除しなくてもぶんどれる部品だな。


 いやあ、実際の因果関係は知らないよ。
 でも、ついでにこんな話を思い出したね。



盗まれたサイドミラーは、「どろぼう市場」と呼ばれるところで売りに出されることが多いです。
刻印していなくてサイドミラーを盗まれた知人が「泥棒市場」に行ったところ、すぐに人に囲まれて、ピッタリのものを持ってきたヤツがいたそうです。
もしかしたら、自分の車から盗まれたもの、そのものだったかもしれません。
でも刻印していないので、自分のものと証明はできませんから、しかたなく買ったそうです。
「泥棒に追い銭」とは、まさにこのことですね。

泳いじゃる!より)




 こちら、アフリカはモザンビークの首都、マプトでのお話。
 こういう事情があるから、車を新しく買った人は必ずサイドミラーに自分だけの刻印をするそうだ。
 ケニアの首都ナイロビでも同じような話を聞いたことがあるぜ。


 確認しておくが、オレの名前は「フランス番長」。
 ここは確かにフランスだ。
 200を超える世界の国々の中でもトップの集まる、G7に名を連ねるフランスだ。


 ま、種明かしってわけじゃあねえが、ここはマルシェはマルシェと言っても、「マルシェ・オー・ピュス」。
 つまりは「蚤の市」なのよ。
 いわゆる古物市、ボロ市だから、野菜や果物なんかはもとよりここにはねえ。
 フリーマーケットって言い方をしてもいい。

 しかし、マルシェはマルシェだ。
 日本のフリーマーケットでこんなもん、売ってないよな。


 せっかくだから、もう少しこの古物市の様子を見てもらおうか。



s-marche7.jpg



 注目してもらいてえのは中央にある白くて丸いもの。
 なんだかわかるかい?

 これ、トイレットペーパーのプラスチックカバーよ。それも、学校だの病院だの駅だの、大量にペーパーが使われる公共施設に置いてあるタイプのな。
 普通にスーパーで売ってるペーパーは入らないぜ。



s-marche8.jpg



 うん、まあどこからどう見てもガラクタだな。



s-marche9.jpg



 でも、買ってく人がいるんだよなあ。

 その道の大家、「ブロッカントの日々」さんによれば、99%はガラクタでも、掘り出し物はちゃんとあるそうだ。
 しかし、どうもそういう目利きって言うんじゃなく、99%の方を買ってく人がいるんだよなあ。

 うむ、捨てる神あれば拾う神ありってヤツか。
 ホントのリサイクルってのはシェルのエコバッグみたいにチャラチャラしたもんじゃねえっていう、フランスからのキツーイいましめなのかもしれねえな。
 にしても、もうちょっとどうにかなんねえもんかね。


 いや、まいったね。
 ナポレオン1世はかつて、「ピレネーの向こうはアフリカ」と言ってスペインのことを馬鹿にしたそうだ。
 しかし、こう言い直すべきじゃねえのかなあ。
 ライン川の向こうはアフリカだ、ってね。




bancho200.gif



スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

10:14  |  コネタ・フランセ  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)  |  編集  |  上へ↑
 | BLOGTOP | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。