2010年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2010.01.26 (Tue)

キャバクラで使えるフランス語

 いつもとはちょっと趣向を変えて! 日常生活の中で使えるフランス語を、特別に番長がお教えするぜ。
 アンタ知らないかい、「巨泉の使える英語」って。そのノリで行こう。

 今回は「キャバクラ編」だ。……今後も続くかどうかはわからんがな。

 以下、実戦のシミュレーションだ。
 キャバクラにて。


-----


 え? 何かおもしろい話してって?
 ずいぶんな無茶ブリだなあ。
 フム(鼻息)。


 こう見えて、ボクはフランスには詳しいんだ。
 実は学生のころ、ちょっとフランス語をかじっててね。
 いやいや、ホントちょっとだけなんだけどさ。


 蝶のことをフランス語で何て言うか知ってる?
 え? よく知ってるねえ。頭いいんだなあ。
 でもね、バタフライは英語だよ。
 フランス語ではpapillon、パピヨンっていうんだよ。
 あなたはアジアのパピヨン、って島谷ひとみが歌ってたじゃない、ね。あれあれ。


 じゃあ、蛾のことはなんていうかわかる?
 ちなみに英語ではモスだよね。モスラだよ。
 え、モスラ知らない? モスラ~ヤッ!モスラ~って。
 フム、まあともかく。
 実は、フランス語では蝶と蛾を区別しないんだ。両方ともパピヨン。


 でも、それじゃわかりにくいよね。
 だから蛾のことは、パピヨン・ドゥ・ニュイ、あるいはパピヨン・ノクテュルヌっていう。
 日本語に訳すと、「夜の蝶」って意味。
 そうだよ、キミのことだよ。
 夜の蝶。きれいに着飾ってはいても、街の明かりに寂しく集う蛾なのさ。


 でも、ボクは、水商売をしてるからってキミのことを見下したりしないよ。
 ボクはフランス人だから。ははは。
 フランス語では蝶も蛾も、どっちもパピヨンなんだからさ。
 自分の仕事に誇りを持ってね。
 ……今度いっしょに、ワイン飲みに行かない? いいとこ知ってるんだ。


-----


 うーん、エロキモイ、というかキモヤラシイ。
 まあなんだな、上司とか同僚との呑みニケーションになら使えるかもしれんな。
 まかりまちがって女性に使ってふられたところで、番長知らんぜ!




bancho200.gif


スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

11:10  |  フランス語  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)  |  編集  |  上へ↑
 | BLOGTOP | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。