2010年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2010.03.25 (Thu)

やっぱり違うぜ、笑いのセンス

 まいったね。
 ギャグセンスの違いには、まいったね。


 前回、女性のハダカに対するセンスが、フランスと日本ではだいぶ違うという話を書いた。
 フランス社会は女性の裸体に対して鷹揚だよ。必要以上に。
 ことほどさように、彼我のセンスの差ってのは大きい。
 で、センスの違いと言えば気になるのが、何と言っても笑いのセンスなのよ。

 笑いってのはすこぶる文化的な行動だ。その壁を超えるってのはなかなか難しい。
 たとえば、いまの日本でアメリカンジョークと言えば、アメリカ人が好きなツマラナイ冗談という意味になっちまってるよな。お前それアメリカンジョークかよ、みたいな。
 だからと言ってアメリカ人がツマラナイ人間だというわけじゃねえ。笑いのツボってのは同じ日本人の間でも違いがあるんだ。まして国境を越えたら、そりゃ理解を超えるってこともあって当然だよな。
 そこは優劣の問題じゃないんだってことを強調しておくぜ。


 しかし、わからんものはわからんのよ。

 フランスのテレビ番組がつまらない。この話は過去に何度も書いてきた。
 ドラマはアメリカのものばっかりをやってる。バラエティ番組の大半はクイズ番組で占められ、マンネリズムがはなはだしい

 とは言え、他にもバラエティ番組はある。ハダカの回で書いた「世界一でっかいキャバレー」って番組のように、一芸を持った人が次々と現れて芸を披露する、ってタイプの番組はよく見かける。勝ち抜きスタイルのものもあるな。
 ほかに多いのは「ずっこけビデオ・ベスト100」みたいな番組。赤ちゃんやペットのかわいいハプニングとか、鹿爪らしい顔した政治家のまぬけな失態とか、どれも見たことのあるようなものばかり。クリントン(男の方)が居眠りしてる映像って、それオマエ何年前のだよっての。過去に世界中で何度も放送された映像の焼き直しに過ぎねえ。
 加トちゃんケンちゃんごきげんテレビって番組が日本にあって、同じコトをやってたぜ。25年前だけどな、ハッ!と言ってやりてえところだな。いや、あっちの方がずっとレベルは高いぜ。なんせフランスのは、視聴者から投稿を募って発表してるってわけじゃないんだからな。

 それはともかく、番長が気になっちまってしょうがねえのが、フランスのこの手の番組に、日本では絶対にあり得ないシーンが挟み込まれていることなのよ。ベスト100もあれば2、3本はそういう映像が流れる。
 なんだと思うよ。

 あのな、スポーツの失敗シーンなんだ。
 と言っても、ドラゴンズの宇野がフライの捕球をしそこねてボールをヘディングしたとか、そういうカワイイやつじゃあねえぜ。

 たとえばスキーの滑降競技。ゲレンデのあちこちに置かれた旗を縫うように滑っていたスキーヤーが、バランスを崩して転倒、ものすごいスピードで落ちるように転がってくる。これを、ビヨーンとかプオーンみたいな効果音付けて、笑うところ、として切り取って出してくるのよ。
 いや、ケガするだろうし、最悪死ぬことだってあるだろ。
 仮に傷一つなかったとしても、真剣にスポーツをしている人の失敗を笑うってのはどういう了見だよ。どうも理解を超えるな。


 別の番組に、素人ドッキリ番組というのがある。
 たとえば、新発売の缶ジュースのキャンペーン。
 仕掛け人の女性スタッフがスーパーの出口付近にテーブルを置き、その上に缶を並べて無料配布をしている。客がそれを飲もうと近づくと、テーブルクロスの下からニュッと手がのびてきて客の足を引っ張る。
 で、驚く客の反応を見て大笑いする、みたいな。

 あるいは、公園の長いベンチの隅に仕掛け人が座る。そのうち誰か別の一般人も、同じベンチの空いてるところに座るわな。
 そこで仕掛け人は立ち上がり、伸びをするフリをして背中を見せる。ベンチは真っ赤な色をしてるんだが、彼のシャツにも赤いペンキの色がべっとり。一般人もあわてて立ち上がり背中を確認、服を脱ぎ出す人もいて大騒ぎ、みたいな。
 ほか、駐車場に止めておいた車がいつの間にかペンキで真っ黄色に塗られてるとか、インタビュー中のマイクから水が勢いよく飛び出すとか、まあ他愛もないよな。

 これ、一つのドッキリにつき5分間くらい、それを5本流して30分番組にする、って感じだ。ナレーションはいっさいなく、軽妙なBGMに乗せてひたすら映像を流し続けるというスタイル。


 この手の番組は番長も割と好きだ。
 日本だったら、すぐに視聴者から苦情が来て終わらされるだろう。そもそも作り手側に、そういう番組を作ろうとする発想がないだろう。めんどくせえもん。だから、日本にもドッキリ番組ってのはいっぱいあるが、対象にされてるのはみんなタレント、主には芸人だもんな。プロだからできるんですマネしないでくださいね、的な。
 それに比べるとフランス人は寛容だね。あそこにカメラがあるんですよってスタッフにバラされて、一緒になって笑ってる。
 そういうのっていいじゃねえかよ、なあ。
 日本人だとまともに怒る人が多そうで、成立しない笑いかもしれねえ。


 ただ、これもやっぱり、センスの理解できないのが中にあってなあ。

 街中で視覚障害者の男性が、白い杖を片手に、車いすを押して歩いている。車いすにはお婆ちゃんが座ってる。お母さんなのかな。目の不自由な人が年老いた母の介護をするってのは、それだけでも人目を引くペアだよな。
 で、この視覚障害者の人は足元がおぼつかなくて、ちょいとした拍子に車いすを手放してしまう。
 運悪くそこは下りの坂道。老婆を乗せた車いすはころころと坂道を転げ落ちていく。

 見ている人は当然、車いすを止めようと走って追いかけるわな。視覚障害者もただならぬ気配に気付いて後を追うんだが、歩くたびに白い杖が左右に揺れ、善意の人の行く手を阻むんだ。
 アンタ、吉本新喜劇見たことあるか? 「かいーの」の間寛平扮する老人が、杖を振り回すじゃねえか。アレよ、アレ。ただまああそこまで極端じゃなくて、常識的な範囲だけど人は通れない、適当な頃合いなんだな。
 で、助けに走り寄った善意の素人さんは間に合わず、車いすはひっくり返ってドーン! 中からお婆ちゃん飛び出てビターン! でもそれは人形でしたー! テッテレー! ワッハッハワッハッハ!!

 ……。
 障害者に高齢者、しかも善意をあざ笑うという三段構えの一斉射撃、織田信長の鉄砲隊もびっくりだぜ。
 ま、こういうのも笑えるのが真に差別のない社会なのかもしれねえが。
 ちょーっと番長には、ハイブロウすぎたかな。


 いや、まいったね。
 所変われば品変わる、ってことなのかねえ。




bancho200.gif



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

11:00  |  俺節フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(20)  |  編集  |  上へ↑

2010.03.23 (Tue)

出しとけ出しとけ、ハダ出しとけ!

 まいったね。
 ムダとしか思えない露出には、まいったね。


 フランスでは、番組によって視聴年齢の制限が設けられている。
 暴力的、性的なシーンがあると、そのレベルに応じて「-18」「-16」「-12]「-10」などと区分けがされるんだな。
 それぞれの数字の年齢に達していない子どもはこの番組を見ちゃだめよ、という意味だ。



s-moinsde12ans2.jpg



 番組冒頭にその旨の表示が画面下部にされ、



s-moinsde12ans1.jpg



 放送中は丸で囲った数字が常に薄く示されてんのよ。


 似たような仕組みは日本にもあるよな。有名な映倫には「PG12」「R15+」「R18+」という区分があって、「バトル・ロワイヤル」なんかは暴力的なシーンが多いってんで15歳未満は見られなかった。ポルノ映画(ってまだやってるのかね)やアダルトビデオにも18禁という指標がある。

 しかし、日本では、地上波のテレビ番組にそういう区分はない。
 そもそも18禁に該当するようなものは放映してねえし、10禁や12禁といった細かい年齢制限の刻み方はしてねえからな。

 フランスでも、さすがに地上波で18禁ってのにはほとんどお目にかからない。
 だが、「-10」「-12」あたりは珍しくねえ。毎日のようにあると言っても過言じゃないな。
 たとえば、日本でもよく知られているアメリカ製ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」は-10のレーティング。 武器商人を描いたアメリカ映画の「ロード・オブ・ウォー」は-12だったぜ。

 もちろん、こういう設定がされているからと言って、強制的にテレビの電源が落ちるわけじゃねえ。だが、この手の問題に関心の高い親にとって、目安にはなる。
 日本のアニメは暴力的だから放映をやめよう、なんて議論もされるくらいだ。暴力的ったって「北斗の拳」を流してるわけじゃねえ。「ドラゴンボール」でもバイオレンスなんだそうだ。総じてフランス人は日本人よりも、テレビのもたらす害悪について敏感だ、と言えそうだな。


 だが、どうにも番長には腑に落ちねえ番組がある。
 月イチくらいのペースで土曜のゴールデンタイムにやっていて、直訳すると「世界で一番でっかいキャバレー」というタイトルなんだが。
 夜8時35分から約2時間の放送で、大きな舞台のある劇場に観客を入れ、マジックやらコントやら大道芸やらを次々に披露させるという、たいして面白くもないけど人畜無害な番組だ。
 これならお子さまも安心、ということで年齢制限はない。

 ところが、番組の冒頭で毎回、1ダースくらいのお姉さんがわらわらとステージ上に出てくる。で、司会者の男性を囲むように並ぶんだが、なぜかみなさん上半身全裸、はっきりとビーチク全開、ルーマ見えなんだな。
 下半身は、そうねえ、クジャクのようだというか、あるいはリオのカーニバルに出てくるダンサーみたいな感じの衣装というかな。こちらも大変な露出具合なのよ。
 で、お顔の方はそろってにっこりスマイルね。
 司会者はきっちりとタキシードを着込んでるんだぜ。なんだって彼女たちはハダカなんだ。マネの「草上の食事」以来の伝統ってヤツなんだろうか。何の説明もねえのよ。
 最初に見たときは番長、あっけにとられちまったぜ。エロさはさしてないし、設定がキャバレーだからそう場違いってわけでもねえんだろうが、なんなんだこれは、ってな。



s-moinsde12ans3.jpg
(画面右上の人たちがお姉さん。あえて引きの画像を選んだぜ)



 日本でも、かつては女性の裸が出てくる番組があった。海賊チャンネルとか11PMの行水コーナーとかな。それでも、ほとんどは深夜番組だったと思う。
 今は深夜も合わせて、地上波からビーチクは完全に駆逐されてるよな。

 この番組はゴールデンタイムのど真ん中、週末の土曜日にやっている。
 しかも、流してるのは国営放送のフランス2なのよ。
 日本でいうところのNHKだぜ。
 「クイズ日本人の質問」で、古舘伊知郎や大桃美代子の後ろに裸のお姉さんたちが並んでいる絵柄を想像できるかい?
 喩えるならそういうことが起きてんのよ。

 このお姉さんたち、ステージ上に立ってるだけで、踊るわけでもなければ歌うわけでもなく、いわば背景というかセットみたいなもんで、オープニングが終わるとそそくさと舞台袖へハケていく。
 オープニングと言っても、司会者が最初のあいさつをしてゲストのタレントを紹介している間、5分もないくらいだ。
 かえすがえすも、まったく存在意義がわからねえぜ。
 キャバレーっていう設定を表すための道具、舞台装置なのかな。


 こいつは18禁とはいかないまでも、10禁や12禁くらいには相当するんじゃねえかという気もするんだが、そうはならないんだな。
 砂浜でトップレスになってる人がざらにいるのを見ても思うが、どうもフランスでは女性が胸をさらすことに対する抵抗感が少ないようだ。
 まあ、トップレスったって、たいていはおばさんで、残りはおばあちゃんだがな。
 それがかえって抵抗のなさを雄弁に物語っているような気もするぜ。

 テレビコマーシャルや街角の広告ポスターでも、化粧品や薬、食品など様々なジャンルで、裸の女性、時には男性を使っているのをよく見かけるぜ。さすがに乳首は出てこねえが、日本に比べてずいぶん多いような気がする。
 あと、エロ本のポスターが街角の目を引く所にドーンと張ってあったりもする。
 さらに身近なところで言うと、胸元のざっくり開いた服の多いこと多いこと。そういう服しか売ってねえんじゃねえかってくらいだ。おばさんはともかく、おばあちゃんも超開いたのを着てんのよ。垂れてようがしなびてようが関係ナシ。

 いや、番長も男。女性が露出して悪い気はしねえよ。
 しかし、いくら若い子だったとしても、秘すれば花、ってヤツだと思うんだな。隠れてるからいいのよ。ドーンと出されても困るのよ。小悪魔気取られても対応できないのよ。しなびる一方なのよ。


 いや、まいったね。
 どっちかと言うと番長、ムダなハダカの方を取り締まってほしいぜ。




bancho200.gif



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

11:00  |  俺節フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(22)  |  編集  |  上へ↑

2010.03.21 (Sun)

フランステレビのつまらなさ、背景にあの将軍の影

 まいったね。
 国営放送の多さには、まいったね。


 これまでにも紹介したとおり、フランスでテレビをアンテナにつなげるとすぐに見ることのできるチャンネルは、全部で6つある。
 そのうち1つが前回紹介したキャナル・プリュスだが、こいつは金を払わないと見られねえ。
 つまり、一般人が見られるのは5チャンネルってことだ。
 この5つのうち3つが国営放送なのよ。

 運営しているのはフランス・テレビジョン。
 総合的なフランス2、地域重視のフランス3、教育放送のフランス5。
 それに加えて、ケーブルテレビや衛星じゃないと見られない、音楽・芸術重視のフランス4、海外県と海外領土向けのフランスO(オ)を傘下に持つ。



s-francetelevisions.jpg
フランス・テレビジョンのウェブサイトより)



 ということは、誰でもフツーに見られる民放というのは2局しかないということになる。
 1チャンネルのTF1と、6チャンネルのM6だな。
 ところが、民放の雄と言われているTF1さえ、元々は国営放送だったのよ。

 そう言われても、まだテレビってものが発明されたばかりの、白黒で放送されていた当時の、昔むか~しのことだと思うだろ。
 そうでもねえんだ。TF1が民放になったのは1987年のこと。
 どうだい、割とまだ最近だろ。まだ20年そこそこだぜ。

 しかも、その1987年まで、フランスには民放ってものが存在しなかったんだ。


 いい機会だから、ちょっと歴史を振り返っておこう。
 フランスでテレビ放送が始まったのは、第二次大戦の集結から間もない1948年。日本に先んじること5年だから、世界でも早い方だろうな。

 日本では、NHKの放送開始が1953年2月。
 最も古い民放のテレビ局は日本テレビで、遅れることわずか半年、8月に放送を始めた。その後、55年にTBS、59年にNHK教育、テレ朝、フジが相次ぎ開局。キー局で最も開局が遅かったのはテレビ東京で、それが64年のことだ。

 その1964年、フランスではようやく2つ目のチャンネルができた。
 16年の長きに渡り、テレビ局ってのはたった一つしかなかったのよ。当時のテレビにはチャンネルってものがなかったのかもしれねえな。
 次のチャンネル、3局目ができるのはさらに8年の後、72年のことだ。


 なんだってフランスではこんなにテレビが立ち遅れたか。
 実は、フランスの歴史に関係してんのよ。

 時は1944年8月25日、パリはナチス・ドイツの支配から解放された。
 第二次大戦中にレジスタンス活動の中心だったシャルル・ド・ゴール将軍が首相に就任し、共和国として再起を図る。
 そうよ、パリの空港の名前にもなってるド・ゴールさんよ。



s-De_Gaulle-OWI.jpg
(シャルル・ド・ゴール、ウィキペディアより)



 ところが、フランスってのは当時、議会の権限が強かった。政党があれこれと乱立し、政争に明け暮れていた。だから、政策決定がろくすっぽ進まねえ。
 業を煮やしたド・ゴールは、もうやめたと言って首相職を放り出しちまう。やりたきゃお前らで勝手にやれ、ってな。これが1946年のことだ。

 カリスマを失った政府は右往左往。その間にも東西冷戦は深刻化を増し、海外の植民地は次々に独立を求めて立ち上がっていたが、うまい手が打てずにいた。
 市民のイライラが頂点に達しようとしていた1958年、気が熟したのを見てあの男が帰ってくる。ド・ゴールよ。圧倒的な支持をもって迎えられ、その勢いで大統領の権限を強化するように憲法を改正。そのまま大統領の座に就いちまったんだな。こいつが現在まで続く「第五共和政」の始まりだ。


 そのド・ゴール。
 最も速い政策決定システムとは独裁だ、と何かの本で読んだ気がするが、時に強権的とも取れるような豪腕をふるい、フランスを復興させたんだな。
 その際、徹底して中央集権制を採った。
 パリが他のヨーロッパ諸国に類を見ないほどの巨大都市として発展し、一方で未だに隣国ドイツなんかに比べて地方分権が進んでねえのも、この名残だと言われてるくらいだぜ。

 テレビも、そんな手段の一つとして利用されたのよ。
 すなわち、中央政府の方針をフランス全土のあまねく国民に伝える手段として。
 また、国民の文化水準を引き上げる手段として。
 ゆえに、娯楽番組を流すような素地が元々ないんだな。つまんない番組も多くなる道理よ。

 今でも、ほとんどの放送局がローカル局のネットワークを持っていない。これも中央集権政策の名残だな。
 唯一、3チャンネルのフランス3だけがそれぞれの地域に即したローカルニュースを流しちゃいるが、夕方の正味1時間弱くらいに限った話だ。
 フランス全土、どこへ行ってもやってる番組はみな同じ。
 関西でしか見られないお笑い番組、なんてのは存在しねえ。「水曜どうでしょう」が生まれる素地もねえのよ。
(多くの人がご存じだろうが、水曜どうでしょうとは北海道テレビ製作のローカル・バラエティで、あれよあれよの間に全国区の人気を獲得したオバケ番組だ。俳優の大泉洋を輩出している)


 いや、まいったね。
 フランスのテレビがつまらねえのには、そんな背景もあるってことだ。
 こいつは一朝一夕に改善できる問題じゃあねえようだぜ。




bancho200.gif



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

11:00  |  俺節フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  編集  |  上へ↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。