2010年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2010.03.03 (Wed)

人気投票、意外なトップ

 まいったね。
 人気投票の意外な結果には、まいったね。


 アンタの好きなフランスの著名人って、誰だい?
 いや、こう言い換えた方がいいかもしれねえな。フランスの著名人で、誰か知ってるかい?
 歴史上の人物じゃダメだぜ。

 フランス大好きって人を除けば、フツーの日本人が知ってるフランス人ってのは限られてくるよな。
 たとえば俳優で考えてみよう。まずジャン・レノがいるわな。しかし、そっから先が出てこないんじゃねえか。アラン・ドロンと答えたアンタ、年がバレるから気を付けたがいいぜ。

 俳優といっても女優じゃどうだ。いや、わかってるよアンタが言いたいことは。あれだろ、「アメリ」の主演女優、なあ、あの子。かわいいよな。でも名前知らないんだろ、うん。オドレイ・トトゥだ。
 あとはまあソフィ・マルソーくらいか。カトリーヌ・ドヌーブと答えたアンタ、年がバレるって言ったろ。おい、いの一番にブリジット・バルドーって答えたそこのアンタ! 番長も嫌いじゃねえぜ。

 歌手ならどうだい。え、出てこないだろ。ひねり出してもエディット・ピアフにシルヴィ・バルタン、ミッシェル・ポルナレフ。途端にセピア色だぜ。
 他のジャンルで言うと、昨今だとジダンやアンリなんかのサッカー選手がおなじみだわな。あとは学者や芸術家、ココ・シャネルらファッション界の人、ってなところだろうか。

 あらためて感じるぜ。それくらいフランスって、実はなじみの薄い国なんだよな。


 これは極東ニッポンでのイメージ。
 さて、当のフランス国内ではどうなのか。

 フランスの日曜日にだけ発行される週刊新聞「ジャーナル・ドゥ・ディマンシュ」が発表している、フランス人の人気ランキングという企画がある。
 これは、政治家だろうがタレントだろうがスポーツ選手だろうが、フランス人なら誰でもOKのごたまぜ人気投票。
 最新の順位は以下の通りだ。



s-jdd.jpg




(1位) ヤニック・ノア (歌手、テニス選手)
(2位) ダニー・ブーン (コメディアン、俳優、監督)
(3位) ジネディーヌ・ジダン (サッカー選手)
(4位) ミミ・マティ (コメディアン、俳優)
(5位) ガド・エルマレ (コメディアン、俳優)
(6位) ソフィ・マルソー (俳優)
(7位) シャルル・アズナブール (歌手)
(8位) ミシェル・サルドゥ (歌手)
(9位) フランシス・カブレル (歌手)
(10位) ジョニー・アリディ (歌手)
「ジャーナル・ドゥ・ディマンシュ」のウェブサイトより)




 どうだい、知らねえだろ。

 ちなみに、サルコジ閣下は滑り込み49位。シラク元大統領は34位って、もう退任してから3年が過ぎようかっていうのに、サル公は大丈夫なのかね。政治家で最も順位が高かったのは、22位のシモーヌ・ヴェイユ女史。人工中絶を合法化したことで有名な人だ。こんなところにもMai68世代、だな。

 もっとも、このランキングを見てもらってもわかるとおり、人気投票で名前が挙がるのはほとんどがタレントばっかりだ。歌手に俳優、コメディアンと。ま、人気投票ってのは洋の東西を問わず、そんなもんだわな。


 ところがフランスには、タレントでも政治家でもないのに、長年にわたってこのランキングの上位に君臨し続けた大人物がいる。
 2007年1月に94歳で亡くなられたおじいちゃんなんだが、常にトップ争いをしていて、1位になることもたびたび。最後に1位になったのは2003年7月の調査なんだが、このときのライバルはジダンだった。サッカー史上最も偉大な選手の1人とさえ言われるこの天才は、この年に3回目のFIFA最優秀選手賞を受賞している。それでも勝てなかった。

 この人、アベ・ピエールという。



s-abbe-pierre.jpg
(日刊紙「ラ・クロワ」ウェブサイトより)



 どうだい、聞いたことねえだろ。
 番長もフランスに来るまでまったく知らなかった。
 実はこのひと、神父さんなのよ。

 フランスにエマウスっていう慈善団体がある。
 各家庭からいらないものを引き取って使えるようにリサイクルし、売る。その収益をホームレスの住まいを提供するために使う。そういう運動を手がけていて、創設者がこのアベ・ピエールさんだ。
 始めたのは戦後直後の1949年、まだリサイクルという発想自体が乏しかった時代だ。運動は広がりを見せ、今やエマウスは日本をはじめ世界41カ国に広がっている。

 神父としては一匹狼的な存在だった。カトリックの総本山であるローマ教会からは距離を取り、エマウスの活動にも宗教は一切絡めなかった。
 歯に衣着せぬ発言でも知られていた。神父なのに妻をめとってもいいんだとか、同性愛者も養子をとっていいんだとか言ったり、あるいは礼儀作法をけなしたり。そういうところがまた人気を呼んだんだろうな。
 メディアの重要性をよく理解していて、マスコミに出るのを厭わなかったってのも、知名度を高めたんだろう。


 ここはひとつ、宗教の枠は取っ払って考えようじゃねえか。言ってみりゃ慈善団体の会長さんだろ。日本にも世のため人のために立派な活動をしてる人はたくさんいる。しかし、こういう人がタレントを押しのけて人気投票のトップにくるって、日本で考えられるかい。いや、ねえよ。
 亡くなったときはもちろんトップニュースよ。葬儀も生中継された。
 番長、こういう人が支持される社会ってのは単純にスゴイと思うぜ。
 フランスもなかなかやるもんだな。


 ちなみに女性では、スール・エマニュエルという人がいた。2008年10月、99歳で亡くなってしまったんだが、やはりフランスは大騒ぎだったな。
 この人は63歳にしてエジプトはカイロのスラムに住み着いて慈善活動をしたことで知られていて、フランスのマザー・テレサなんて言われていた。
 こういう人たちに光が当たるってのはいいことだ。ひねくれ者のフランス人だけに、直球でいいことをやってる人にはかえって弱いのかもな。


 いや、まいったね。
 このサイトでは、日本で知られていないフランスの姿を色々と紹介してきたが、いいところが知られていないって話は初めて書いたような気がするぜ。
 ま、たまにはこんなのもいいやな。




bancho200.gif



スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

10:53  |  俺節フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(26)  |  編集  |  上へ↑
 | BLOGTOP | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。