2010年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2010.03.31 (Wed)

4月の魚はしょっぱいぜ

 まいったね。
 4月バカには、まいったね。


 あす4月1日と言えば、年度始めの日。新学期や新年度で新入生や新社会人が新天地で新生活をはじめるという興味シンシンな日だ。
 しかし、これは日本に限っての話。欧米をはじめとする多くの国々で、新学期ってのは9月ごろ始まるからな。
 世界的にはやはり、4月1日といえばやはり、エイプリル・フールということになる。

 ご当地フランスにも、もちろんこの習慣は存在する。それどころか、どうもエイプリル・フールの起源はフランスにあるらしいぜ。
 ま、そのへんはおいおい触れるとしてだ。日本とフランスでは、ちょいと少し趣向が違うのよ。


 まず、呼び方が違う。フランスではこの日を「ポワソン・ダブリル」と言うんだぜ。英語にすれば fish of April ってなところか。直訳すると「4月の魚」だな。

 なぜこういう呼び方をするかと言うと、ウソを付かれて信じ込み、4月バカだと明かされてええっと驚いたときにみんなが口をパクパクさせるからだ。その様子がいかにも魚みたいだってんで、そういう名前が付いたんだとさ。


 なーんて、うっそーん。
 番長からのプチ・ポワソン・ダブリルだぜ。

 日本ではエイプリル・フールと言えばなんでもウソをついていい日、って位置づけだよな。
 フランスでも基本は変わらんが、ウソをついてもいいというよりは、ウソを含めてイタズラをしても許される日、人をからかってもいい日、って感じなんだな。

 子どもたちの間で4月1日に行われる定番のイタズラが、魚の絵を描いた紙にテープなんかを付け、誰かの背中にこっそり貼るってヤツだ。



poissondavril.jpg
(仏サイト「linternaute」より、イタズラに使われる魚の例)



 日本でもあるよな、「バカ」とか「僕はパンツをはいていません」とか書いた紙をこっそり張り付けるイタズラ。ひょっとするとフランスから伝わったものだったりして。まあ、誰でも思いつきそうだけどもよ。
 この魚張り付けの風習自体は七夕みたいなもんで、子どもたち以外でやってる例はあまり見かけない。むしろ、他愛ないウソを付いて親しい人を騙すという、日本と同じようなやり方の方が主流だな。


 さてその起源なんだが。かつてフランスでは4月1日から新年が始まっていて、人々は互いにプレゼントを贈りあう習慣があったそうだ。
 ところが1564年、フランス国王シャルル9世が「1月1日を新年とする」と決めちまった。なんだよ勝手なことしてんじゃねえよと民衆は反発。変わらず4月1日にプレゼントを贈り続けた。
 でもまあ一応国王の手前もある。「え? いやいや新年の贈り物じゃないかだなんて、滅相もない。単なるジョークですよ、ジョーク」ってなことになって、ワッハッハと笑えるようなものを贈るようになったそうだ。紙の魚はそこから来ているらしい。

 と言うのも、当時のキリスト教徒、要するに大多数のフランス国民は、宗教的な理由から肉食を禁じられていた。でも魚はOKだったんだな。だから魚は大切な人への贈り物としてとても一般的だったんだそうだ。
 今の日本で言えば、桐箱をあけたら中から紙に書いたハムが出てきたよ、ってな感じかな。


 ただこの話、諸説あって、細かいところはいろいろ違ってるのよ。
 そのシャルル9世が新年の改正に反対した人々を見せしめに殺害したので忘れないように始めただとか。いつまでたっても4月1日に新年のお祝いをしている連中をバカにしたのが始まりだとか。
 魚を張り付ける風習にしても、フランスでは通常4月1日から漁が解禁になる、つまり魚が世間に流通していない時期だから使われるという話もある。また、このときに使われる魚ってのがサバなんだが、サバはこの時期釣り糸さえ垂れればバカみたいに引っかかるからだとかいう説もあるんだと。
 さすがに4月バカだけあって、起源もウソっぽい話ばっかだな。しかも、どれを取ってもいまひとつ面白くないというか、ピンと来ない感じがまた何とも言えんね。


 とまあ、そんなポワソン・ダヴリル。店頭には魚の形をしたチョコレートが並ぶ。このチョコってのがモノによっちゃなかなか凝ってて、でっかい魚のチョコの中が空洞になっていて、ちっちゃい魚のチョコがたくさん入っていたりするんだな。
 人によっては、魚をあしらったカードを友人に送ったりするそうだ。番長は見たことねえけど。
 あと、テレビがニセモノのニュースを流したりだとか、インターネットにジョークサイトが現れたりとかいうのは、もちろんあるぜ。

 だが、総じて言えば、さして盛り上がってるという感じはしないな。
 と言うのも、フランスでは暦の関係で、4月1日ってのは毎年必ず復活祭の近くにくる。こいつは移動祝日ってヤツで、「3月22日から4月25日の間のいずれかの日曜日」なのよ。
 復活祭はキリスト教世界ではクリスマスに並ぶ一大イベントだ。どうしたってその前じゃかすんじまうのよ。
 さっきチョコレートの話をしたが、正直言って魚のチョコより、復活祭に使われるタマゴ型のチョコの方がずっとメジャーな存在だぜ。
 言ってみりゃ、ドカベン山田太郎に対する微笑三太郎みたいな役回りだな。なに、わからない? うーん、嵐の桜井くんに対する大野くんみたいなところか。


 いや、まいったね。
 イマイチしょっぱいポワソン・ダヴリル。魚は単なる塩味より、しょうゆとわさびでいただきてえところだな。




bancho200.gif



スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

11:00  |  コネタ・フランセ  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)  |  編集  |  上へ↑
 | BLOGTOP | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。