2010年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2010.04.30 (Fri)

深い因縁アルじぇりあ 移民国家フランス(3)

 まいったね。
 アルジェリアとフランスを巡る歴史には、まいったね。


 フランスにいる移民は、主に第一次大戦後に来たヨーロッパ系と、第二次大戦後に来たアラブ・アフリカ系に分かれるというのは、以前の記事で触れたとおりだ。もちろん厳密に分けられるわけじゃねえんだが、おおむねそう考えて間違いない。
 このアラブ・アフリカ系というのは、フランスの旧植民地国から来たってのがほとんどだ。なかでも多いのは、北アフリカにあって地理的に近い、モロッコ・チュニジア・アルジェリアのマグレブ3国になる。
 そのほか、モーリタニア・セネガル・マリ・ギニア・コートジボワール・ニジェール・ブルキナファソ・ベナンといった、西アフリカにある元フランス領の国々から来る移民も少なくない。と言っても、日本人にはもひとつなじみの薄い国が多いかな。
 パリ・ダカールラリーは知ってんだろ。世界一過酷なレースと言われるアレよ。その終点、ダカールはセネガルの首都だ。アンタ、2002年にあったサッカーの日韓ワールドカップを覚えてるかい? あんときのセネガルはベスト8に進出する大活躍を見せたんだが、その1次リーグ初戦で相対したのが、優勝候補だったフランスなのよ。旧宗主国を破ったセネガルの熱狂は大変なものだったそうだ。
 それからコートジボワール、これなんかは国名がそのままフランス語だもんな。「象牙海岸」って意味だ。大航海時代に象牙が売買されたからよ。ついでに奴隷もな。それからマリってのはかつてこの地域に一大帝国を築いた国で、ユネスコの世界遺産を国内に4カ所抱えてるんだが、最近は遺跡見学に飽き足らないフランス人たちがエコツーリズムのために押し寄せている。
 さらにアフリカには、コンゴ共和国・中央アフリカ共和国・ガボン・チャド・コモロ・セーシェル・ジブチ・マダガスカルと、旧フランス領がまだまだいくつもある。こうした国々からの移民というのももちろんフランスにはいる。もっとも、マグレブ3国なんかに比べりゃ圧倒的に数は少ないようだ。


 こんな風に、あまたあるアフリカの旧フランス領なんだが、なかでもフランスにとって特別な存在がある。アルジェリアだ。
 アルジェリアは、他のマグレブ諸国と同様、フランスと隣接している。地中海を挟んではいるが、南仏のマルセイユからアルジェリアの首都アルジェまでの距離は、パリまでの距離とほぼ同じくらいでしかない。
 そのアルジェリアは1830年、フランスに侵略された。こいつはフランスの歴史上、植民地史上では画期的な出来事と言える。18世紀のフランスはルイジアナなど北米に植民地を持っていたが、イギリスとの間の植民地戦争でことごとく負けるわけだ。で、フランス革命が起き、ご存じナポレオン・ボナパルトが現れてと、本国がごちゃごちゃしている間に海外のフランス領はすべてなくなってしまうんだな。
 このアルジェリア侵略は、フランスが新たな植民地支配へと乗り出す第一歩だったわけだ。上につらつらと並べ上げた各植民地は、みなアルジェリアの後でフランス領になった。

 フランスがアルジェリアを狙ったのは、鉄鉱石を筆頭に資源が豊富だったからだ。
 フランスの工業はアルジェリアの富を吸い上げる形で発展した。イギリスにとってのインドみたいなもんだな。
 たとえばフランス全土を走る鉄道なんてのも、この時代にアルジェリアの鉄を使って敷設されたものだ。それが今じゃフランス版新幹線のTGVという形で、フランスの主力輸出商品の一つになってるんだから、アルジェリアさまさまってなもんよ。
 占領されたアルジェリアには、フランスから白人が次々と送り込まれ、支配体制を盤石なものにしていった。彼らは「コロン」と呼ばれ、本国のフランス人と同じ権利を受けたんだな。一方で、アルジェリア人には市民権は与えられなかった。それでいて戦争の際にはフランス軍兵士として召し上げられたってんだからヒドイ話だぜ。

 ところで番長、さっき「白人」が送り込まれたと書いたな。実は、コロンにはフランス人以外の白人も相当多かったらしい。イタリアやスペインからの移民だったっていうのよ。もっとも、もともと宗教も同じだし、言語も似たり寄ったりだから、彼らがフランス化するのは時間の問題だったようだ。
 この時期のフランスには、青年男子が圧倒的に不足していた。ナポレオン戦争でみんな戦死しちまったからさ。名高い「外人部隊」がフランスに生まれたのもこの時期、1831年のことで、彼らの初舞台はアルジェリア侵略だった。

 コロンたちはさらに、アルジェリア人から土地を収奪、ブドウのプランテーションをはじめた。もちろんワインにするためだ。土地を奪われたアルジェリア人は失業し、単純労働力を欲していたフランス本国へとやむなく渡った。これがフランスにおけるアラブ系移民の発端だと言われている。


 さて、それから100年あまりの月日が流れる。
 このころのフランス人にとって、アルジェリアというのは生まれたときからフランス領だ。そういう歴史の深さ、距離の近さから、アルジェリアというのは単なる植民地ではなく、フランスにとっては不可分の領土となっていたのよ。
 100年の間にコロンの人口は増え続け、その数はなんと100万人に達した。
 この白人人口の多さこそが、その他の植民地とアルジェリアとを分ける最も大きな違いだ。当時のアルジェリア人は900万人ほどだったと言うから、どれだけ多いかわかるだろう。10人に1人だもんな。
 経済力を付けたコロンたちは、フランス本国の政治家や有力者と渡りを付け、一つの勢力を築いていた。
 コロンのアルジェリア人に対する差別意識というのは相当強かったらしい。両者は社会の中で交わることがなく、100年経っても混血はほとんど起きなかった。このへん、良し悪しはともかく、多数のメスティーソを生んだ中南米の旧スペイン・ポルトガル領とは全然違うところだな。

 第二次世界大戦が終わると、世界中の植民地で独立の機運が高まった。
 アルジェリアもまたしかりだ。フランスの統治下に入ってから1世紀が過ぎるというのに、アルジェリア人には市民権が与えられず、コロンの下で搾取され、不満がたまりにたまっていた。導火線に火がつくのを待つばかりの状況が続いていたわけだ。
 1954年、アルジェリア民族解放戦線(FLN)による武装闘争が始まる。フランスはこの独立運動を徹底して弾圧した。FLNと関連があるとみなせば裏付けがなくても集落を攻撃し、片っ端からアルジェリア人を逮捕した。FLNは大した武装もない貧弱な組織だったが、ゲリラ戦を得意とし、大いにフランス軍を手こずらせた。ベトナム戦争と同じような話だな。
 アルジェリアの独立運動は隣国のチュニジアとモロッコにも飛び火したんだが、フランスはこの2つの国に対し、56年に独立を認めている。ところが、アルジェリアに対しては手を緩めることがなかった。それくらいアルジェリアってのは本国と一体化してたってことだ。

 しかしFLNはあきらめない。戦闘は次第に泥沼化の様相を見せてくる。するとフランス国内でも、もういいじゃないか、独立を認めようという声が次第に高まっていくんだな。で、いやダメだとする強硬派との間で政争が起きる。このときの政府は両者の板挟みにあって動きが取れなくなっていた。
 業を煮やしたのが、当時アルジェリアに駐留していたフランス軍だった。その数50万人超。バーロー、オレたちゃ前線で命を賭けてんのに、本国がそんな弱腰でどう戦えってんだ。ならばオレたちの手で政権を執ってやるまでよとばかりに、フランス本国に対して反乱を起こした。手始めにコルシカ島を占領した。クーデターだ。
 そうなのよ。アルジェリア人独立の戦いは、ここへ来てフランス人同士の戦いへと転じちまったのよ。
 この反乱を、100万人のコロンたちは諸手をあげて歓迎。さらに、アルジェリアを統治し続けることがフランスには必要だとする本国の右翼もこの動きを指示した。

 駐留軍の狙いは、第二次大戦のヒーロー、シャルル・ド・ゴールを担ぎ出すことだった。ド・ゴールは保守派だから、FLNに対しても厳しく対処してくれるだろうと期待したわけだな。
 で、ド・ゴールはまんまと担ぎ出され、軍部の支持を背景に、新たに強大な権限を付与された大統領として政界に返り咲く。

 ところがド・ゴールは、アルジェリアの独立を認めてしまった。
 本国のフランス人の間に厭戦気分が強まっていたのが一つ。世界的に植民地の独立を認め、人権を認める動きが高まっていたことが一つ。さらに、やっかいなFLNを相手に植民地を維持するより、独立させた上で経済的に支配する方がトクだってな考えが実業界に持ち上がっていたことも、ド・ゴールの背中を強く押したと言われているぜ。
 このときド・ゴールの作った体制こそが、「第五共和制」といい、今もフランスに生き続ける政治システムだ。その意味では、フランスが世界に誇る共和制の礎をつくったのは、アルジェリアなのかもしれねえ。


 こうして1962年、7年間に及んだアルジェリア戦争は終わった。132年に及んだフランスのアルジェリア支配は幕を閉じた。
 だが、たくさんのひずみを残していった。

 100万人いたコロン。アルジェリアに残るか、「特権を持った外国人」としてフランス本国に戻るかを選ぶことになったが、コイツは事実上の一択問題。さんざんばら差別してきたアルジェリア人と今さらニコニコ肩を並べるわけにはいかない。大挙して本国に戻った。
 ところが、130年も前に国を出た人々だし、そもそもイタリアやスペインからの移民が多かったから、フランス本国には居場所がない。本土のフランス人からは「ピエ・ノワール」(「黒い足」の意)と呼ばれ、二級市民のごとく蔑視された。
 ちなみにこのピエ・ノワールという言葉は、その後数十年を経て「オレたちゃ引き揚げ者だぜ」というアイデンティティを表す言葉として、むしろ当人達の間で積極的に使われるようになる。アメリカでかつて蔑称だった「ブラック」という言葉が、今では積極的な意味になっているのと同じような現象だな。

 他方、アルジェリア人の中にも、フランス側、コロン側に付いた人たちがいた。独立戦争でもフランス側に立ち、フランスのために戦った。彼らは「アルキ」と呼ばれる。いざ戦争が終わってしまえば、アルジェリアでは裏切り者だ。当然フランス本国へ逃げようとしたんだが、5万~15万人はアルジェリア人達に虐殺されたらしい。
 命からがら逃げおおせた人々はおよそ9万人いたが、やはり居場所がない。フランスのために命を賭けた勇士と讃えられることもなく、兵営用の仮設キャンプへぶち込まれた。彼らは次第にアルキであることを隠すようになり、社会から姿を消していった。

 今でも、フランスに数多い有色人種の移民の中で、アルジェリア人移民に対する風当たりというのはとりわけ強い。
 アルジェリアはフランスのものだという右翼的な発想からの反発が一つ。元コロンたちの反発が一つ。さらに、アルジェリア独立戦争を通じてフランス人に10万人の犠牲者が出たということもある。まあ、アルジェリア人の死者は100万人を超えるそうだが。

 フランス政府は1999年まで、このアルジェリア戦争のことを、フランス国内における内戦だと位置づけていた。
 戦争末期の1961年10月17日、パリで警察によるアルジェリア人虐殺が起きた。当局による発表では、犠牲者はわずかに2人。実際には70~200人が殺害され、セーヌ川には多数の遺体が遺棄されたという。だが、この事件には長らく闇に葬られていた。公式に慰霊する碑が建てられたのは2001年のことだ。
 また、フランス政府は1960年から67年にかけて、アルジェリア領のサハラ砂漠で17回にわたって核実験をしているが、「核実験は安全で被害者は存在しない」と繰り返してきた。2009年になってようやく、その被曝者に対する補償が始まった。


 いや、まいったね。
 アルジェリアとの因縁ってのはフランスにとって、ノドに刺さった小骨みたいに、今でも消化しきれていないようだぜ。
 数ある植民地の中でもアルジェリアが特別だということは、知っておいてもいいんじゃねえかな。




bancho200.gif




スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

11:00  |  俺節フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(20)  |  編集  |  上へ↑
 | BLOGTOP | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。