2010年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2010.05.06 (Thu)

止められねえぜハヤリ言葉 移民国家フランス(4)

 まいったね。
 移民の影響には、まいったね。


 フランスでは移民、とりわけアラブ系の移民が蔑視されている。蔑視とまではいかなくても軽視されている。さもなきゃ、臭い物にはフタとばかりに無視されているぜ。
 都市の郊外には移民の住むゲットーが散在し、人々は失業からの貧困にあえぎ、非行や犯罪の温床となってる。その移民をフランスへと連れてきて、ゲットーに押し込めたのはフランス政府なんだがな。
 ってな話はこれまでに書いたとおりだ。


 さて、そんな移民社会にも、独自の文化があり、感性がある。
 実のところ、今のフランス人の若い世代の間では、移民にルーツを持つか否かにかかわらず、この移民的感性がずいぶんと広まってる様子なんだな。

 たとえば、キフという言葉があって、「kif」と綴る。「kiffer」(キフェ)という動詞を変化させて使われる。好き、って意味だ。人に対してもモノに対しても使う。標準的なフランス語で言えば「aimer」(エメ)だな。
 これ、若者を中心に、フランスの日常ではごく当たり前に聞かれる言葉だ。

 語源はアラビア語。なんと、ハシシを表す言葉らしい。
 ハシシってのは要するに大麻のことだ。大麻ってのはマリファナのことだが、乾燥させた大麻をマリファナと呼ぶのに対し、樹液を圧縮して樹脂にしたものをハシシって呼ぶんだな。
 どうだい、いかにもゲットーの言葉って感じだろ。好きって意味の言葉に大麻を当てるなんてな。実際この言葉、出自は不明ながら、どうも移民の間から広がったらしい。


 ほかでは、たとえば「beur」という単語がある。モロッコ・チュニジア・アルジェリアのマグレブ3国から来た移民の2世を指す、すごく有名なスラングだ。ブールと読む。
 これは、「arabe」(アラブ)をひっくり返した言葉だ。
 なに、それならebaraじゃないのかって? 焼肉のタレかよ。
 いや、音節ごとにひっくり返すんだ。
 すなわち、ア・ラ・ブじゃなくてブ・ラ・ア、と。さらにそれが短縮されて、ブの音と、ラの音の子音rだけが残ってブールになったってわけだな。
 ゲットーについて書いた回でちょびっと触れた、「シテ」のことを「テシ」(テス)という言い方も同じことよ。

 こういう言葉をベルランと呼ぶ。verlanと綴るんだが、この言葉自体が逆さ言葉で、裏側という意味の単語「envers」を「ver」「en」とひっくり返したものだ。
 日本でも一昔前にギョーカイ用語みたいに言って、最近でも芸人の夙川アトムがネタにしてちょっとはやったじゃねえか。ギロッポンでチャンネーとシースー食ってドーン、みたいな。あの感じよ。
 ベルランはここ数年フランスの若者の間で流行しているようで、よく耳にするようになった。最近ではコメディアンなんかにも使うのがいる。


 もっとも、あんまりマネはしねえ方がいいだろう。このベルラン、相当に蓮っ葉な印象を与えるしゃべり方だ。日本で言えば、ヤンキーの言葉のようだって言うのかね。人前でしゃべっていい印象を持たれることはまずないだろう。
 というのも、ベルランを多用するしゃべり方ってのは、やっぱりゲットーを想起させるからだ。ゲットーの若者たちが使っている言葉が、このベルランなんだな。
 想像つくだろ、「良識的な」フランス人の前で、ベルランを使ったときにどういう反応が起きるかってのは。

 逆さ言葉という遊び方自体は、おそらく太古の昔からある。日本にもあるくらいだからな。番長も子供のころ、友だちの名前を逆さに読んではネタにしてたもんよ。友だちに「近藤タツオくん」ってのがいてさ、逆さから読むと「オツタ・ウドンコ」→「落ちた、うどん粉!」 やーいやーいワッハッハワッハッハ、なんつってな、子どもらしく盛り上がってたもんだぜ。

 しかし、ここ最近のフランスでのハヤリはやっぱり、移民2世や3世の若者たちから来ているってのが定説だ。
 フランスにはゲットー出身のヒップホップ・ミュージシャンがたくさんいるんだが、彼らが90年代くらいから歌詞の中で頻繁に使ってんのよ、ベルランを。
 それがカッコイイってんで広まったんじゃないか、と言われているぜ。


 いや、まいったね。
 存在にフタをしても、感性にフタをすることはできねえってことだな。




bancho200.gif



スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

11:00  |  俺節フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(22)  |  編集  |  上へ↑
 | BLOGTOP | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。