2010年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2010.05.22 (Sat)

変幻自在のマリアンヌちゃんだぜ

 まいったね。
 マリアンヌには、まいったね。


 あるときは、ブリジット・バルドー。


s-Brigitte_Bardot.jpg
ウィキペディアより)



 またあるときは、カトリーヌ・ドヌーブ。



s-Catherine_Deneuve_1995.jpg
ウィキペディアより)



 しかしてその実体は!



s-logo_de_la_republique_francaise.jpg
ウィキペディアより)



 こいつは、フランスの公的機関には必ず付いてるマーク。
 ご覧の通り、三色旗の白地のところが女性の顔になってるよな。
 これ、単なるデザインってわけじゃあなくって、ちゃんと名前が付いてるんだな。
 その名を「マリアンヌ」という。

 在日フランス大使館ホームページによると、


共和国憲法には記されていないが、その姿は国璽や硬貨、切手をはじめ、さまざまな公的機関や権限を示す印に使われており、実質的には公式なシンボルとして認められている。



 なに、話が見えねえって?
 じゃ、こいつならどうかな。



s-liberte_guidant_le_peuple.jpg
(ドラクロワ「民衆を導く自由の女神」、ウィキペディアより)



 見覚えあんだろ?
 日本でも、世界史の教科書でフランス革命のページには必ず出てくるよな、この絵。
 このトリコロールを掲げた女性、なんだってパイオツをモロ出しにしちまってんのかナゾだったが、「乳房は母性すなわち祖国を表す」だってさ。ふーん。ホントなのかねえ。
 ともあれ、このひともマリアンヌなのよ。
 もういっぺんフランス大使館のサイトから引くと、


革命によって王政が倒され、王家の大紋章や百合の紋章に変わるシンボルが必要となったのである。



 だそうだ。
 新しい時代のシンボルとして、マリアンヌは抜擢されたってわけだな。


 ただし、歴史上に実在する人物ってわけじゃねえようだ。
 起源はある。フランス革命当時、1792年のはやり歌に、マリアンヌちゃんの歌ってのがあったそうなんだな。それがいつしか代名詞的に定着したという話だぜ。
 マリーとアンヌってのはそのころすごく多かった女性の名前なんだとさ。マリー・アントワネットもそうだもんな。アンヌってのも、たとえばルイ14世の母ちゃんがそういう名前ってなことだ。それをくっつけただけってことで、語の成り立ちとしてはミーちゃんハーちゃんのミーハーみたいなもんだな。


 で、ともかく具体的なモデルがいねえもんだから、このマリアンヌってのは人によって全然違った解釈で表現されている。
 冒頭にあげたブリジット・バルドーやカトリーヌ・ドヌーブってのもそうで、2人ともフランスのみならず世界を代表する女優だが、マリアンヌの胸像をつくるときにモデルにされてるんだな。
 この胸像は役所に飾られるんだが、どうせだったらその時代でいちばんの美人に似せようってんで、そういうことになったらしい。発想が自由でいいねえ、日本の役所に吉永小百合に生き写しの像が立つかいってんだ。きたねえオッサンの胸像だったら時折見かけるがな。政治家だなんだって連中の。

 ほかにも、フランスでつくられた0.5ユーロ硬貨の裏面のデザイン。



50_cents_Euro_coin_Fr.gif
ウィキペディアより)



 これなんかもマリアンヌなんだそうだ。なんかずいぶんイメージ違うぜ。

 こちらは、フランス国会の上院(元老院)にあるというマリアンヌの胸像。



s-Marianne_(Symbol_of_french_republic).jpg
ウィキペディアより)



 昔むかしにつくられた、値打ちのあるアンティークなんだそうだ。
 小野小町なんかを見ても思うが、昔の女性ってのはやっぱ、しもぶくれの方がカワイイとされていたのかねえ。


 さらに、



s-StatueOfLiberty01.jpg
ウィキペディアより)



 ニューヨークへ、行きたいかーッ!
 てなセリフを番長、この像を見ると福留アナウンサーの口調で思い出しちまうんだが、世代がバレちまうかねえ。おっと、番長は永遠の20歳なんでそこんとこキャトル・シス・キャトル・ヌフだぜ。
 そうよ、これはニューヨークにある自由の女神像。こいつがフランスから贈られたってのは結構有名な話だよな。独立100年のお祝いだったそうだ。

 実は、この像もマリアンヌを表してるんだぜ。
 つまり、フランスの公的なシンボルは、アメリカ合衆国のシンボルでもあるんだな。


 いや、まいったね。
 よりにもよって、アメリカが嫌う、と言って悪けりゃ苦手意識の強い、あのフランスだぜ。
 歴史ってヤツは、なんともまあ皮肉なことよ。




bancho200.gif



スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

11:00  |  コネタ・フランセ  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)  |  編集  |  上へ↑
 | BLOGTOP | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。