2010年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2010.05.24 (Mon)

フランスの犯罪、日本の4倍!

 まいったね。
 フランスの犯罪件数には、まいったね。


 番長、わりかし世界中の色々な国をまわってる方でね。
 中東やアフリカ、あるいはコソボなんかを旅行したって話をすると、よく「ええっ、治安悪いんじゃないですか? 危なくなかったですか? どうしてそんなとこ行ったんですか? 物好きなんですか? アンタなんなんですか?」なんて聞かれたりするんだな。
 いやいやいや、こと治安に限って言うなら、ヨーロッパの大都市の方がよっぽど悪いよ。パリ、ロンドン、ローマあたりが筆頭だろうな。スリ、ひったくり、強盗、詐欺と、いつだって緊張感を切らさないようにしねえと危ないぜ。

 ところが、イギリスやフランスへ行ったって話をしたところで、それどころかフランスに住んでるなんて話をしたところで、出るのはハーよござんすね、ホーうらやましいわとかため息ばかり。治安の心配をしてくれる人ってのはまずいねえ。
 ことほどさように、フランスに犯罪が多い国っていうイメージはないんじゃねえかな。そいつは誤解ってもんだぜ。

 日本の法務省がまとめた平成21(2009)年版「犯罪白書」によると、主な犯罪、これは日本だと一般刑法犯、フランスでは交通犯罪を除く重罪及び軽罪を指すんだそうだが、2007年の1年間で日本が190万9270件だったのに対し、フランスは358万9293件。
 早い話、フランスでは日本の2倍近い数の犯罪が起きてるってこった。

 おっと、ちょいと待ってくれよ。ざっくり言って、日本の人口はフランスの2倍ある。
 人口10万人あたりの犯罪発生率でみると、フランスが5833件なのに対し、日本は1494件。
 つまり、人ひとりが犯罪に遭遇する確立は、フランスの方が4倍近く高いってことになる。平たく言えば、フランスは日本の4倍も犯罪にあいやすいんだな。


 軽犯罪が多いだけなんじゃねえかって? じゃあ、犯罪の中の犯罪、殺人罪で比較してみようか。
 2007年、未遂も含めた殺人事件の発生した数は、日本が1243件、フランスは1866件。
 これ、人口10万人あたりの発生率にすると、日本は1.0件。フランスは3.0件。フランスは日本の3倍殺人事件が起きてるんだな。

 なに、そんな物騒な事件が起きてるのはパリ郊外、移民のゲットーだけなんじゃねえかって? テロの盛んなコルシカの話なんだろって?
 そうでもねえようだ。
 フランスの犯罪統計から、各県で2007年に起きた殺人事件の数を抜き出してみたぜ。カッコ内は未遂の数だ。




パリ 114(81)

セーヌ・サン・ドニ 103(67)
エソンヌ 84(71)
ヴァル・ド・マルヌ 44(26)
イヴリーヌ 44(34)
セーヌ・エ・マルヌ 39(22)
オー・ド・セーヌ 39(28)
ヴァル・ドワーズ 25(19)

(以上7県がパリ郊外のイル・ド・フランス地域圏)


ブッシュ・ド・ローヌ(マルセイユ) 100(63)
ノール(リール) 64(38)
ローヌ(リヨン) 60(39)
オー・ラン(コルマール) 47(24)
アルプ・マリティーム(ニース) 45(16)
ジロンド(ボルドー) 45(24)
エロー(モンペリエ) 43(27)
イゼール(グルノーブル) 43(17)

(主な県、カッコ内はその県の中心都市)


オート・コルス 12(7)
コルス・ド・スュド 9(4)

(上はコルシカ島北部、下は南部)


グアドループ 59(30)
仏領ギアナ 59(31)
マルティニーク 49(26)
レユニオン 39(15)

(上記4つは海外県)





 地域の偏りはほとんどないってのがわかる。殺人事件の件数はほぼ人口に比例している様子だ。強いて言えば海外県がちと多いかな、ってくらいだ。
 というわけで、パリやニースみたいな観光地しか行かないから安心!なんてことは全然ないからな。日本から旅行に来る人は注意してくれよ。


 フランスの名誉のために言っておくと、ヨーロッパの中でフランスだけが突出して犯罪発生率が高い、ってわけじゃない。
 犯罪白書によると、イギリスやドイツとはおおむね同じくらいのようだ。
 国連統計がソースだという「nationmaster.com」というサイトの数字では、フランスの犯罪発生率は14位。イギリスが6位、ドイツは11位だから、まだマシってことになる。



s-crimes_per_capita.jpg
nationmaster.comより)



 もっとも、このリストによれば、イタリアやスイスの犯罪発生率はフランスのおよそ2分の1。スペインにいたっては3分の1で、日本とさして違わないんだそうだ。
 なんだか意外じゃねえか。イタリアやスペインの方が、犯罪が多そうなイメージあるよなあ。
 ともかく、フランスがヨーロッパの中でも犯罪発生率の高いグループに属しているってことは、間違いがないようだぜ。


 いや、まいったね。
 子猫ちゃんたちも、フランス来るときゃ浮かれてねえで、しっかり護身術を習ってからにした方がいいぜ。




bancho200.gif



スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

11:00  |  俺節フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(23)  |  編集  |  上へ↑
 | BLOGTOP | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。