2010年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2010.06.03 (Thu)

フランスで部数が一番多い新聞、どーこだ?

 まいったね。
 フランスで最大部数の新聞、なのにイマイチ知名度が低いのには、まいったね。


 なあアンタ、フランスで最も部数の多い新聞、どこだかご存じかい?
 なに、フランスにどんな新聞があるかなんて、そもそも知ったこっちゃねえと。まあそう言わず、付き合ってくれよな。
 (以下、特に注釈がなければ、数字は定期刊行物の部数を調べる機関「OJD」調査の2009年分から)

 「ル・モンド」。フランスを代表する日刊紙と言えば、まず日本人の頭に思い浮かぶだろう新聞はコレなんじゃねえかな。日本に限らず世界的にもフランスの新聞と言えばル・モンドってくらいよ。
 だが、ハズレだ。約29万部。これとは別に国外で4万部ほど出ているらしいが、いずれにしても1位じゃない。

 「フィガロ」。これも名前を聞いたことくらいはあるんじゃねえか。系列のフィガロ・ジャポンなんて雑誌が日本で売ってるくらいだからな。ル・モンドのライバルで、向こうが中道左派なのに対し、こっちは保守系。朝日と読売みたいな関係だな。だが、これもハズレ。約31万部。

 「リベラシオン」。かの哲学者サルトルが発刊に携わったことで有名な新聞で、インテリ左派を中心に根強い読者に支えられている、やはりフランスを代表する新聞の一つだが。11万部しかない。

 ということは、一般紙じゃなくスポーツ紙だろう、ってかい? ふふん、なぜだか知らねえが、フランスには日刊のスポーツ新聞がたったの一つしかねえ。「レキップ」だ。残念、約30万部。でも、ル・モンドより多いんだな。なかなかいい推理だぜ。
 しかし、かえすがえすも不思議だよな、スポーツ紙が1紙しかないってのは。サッカーを筆頭に自転車だラグビーだテニスだF1だペタンクだと、フランス人ってのはホントにスポーツ好きだぜ。需要はありそうなもんだがな。

 閑話休題。
 「パリジャン」かい? いいセン突いてくるねえ。フランスでは珍しい大衆紙で、事件報道に定評があり、本社はなんと治安が悪いことでおなじみのセーヌ・サン・ドニ県にある。パリジャンってのはパリ近郊版の名前で、同じ内容でも全国版は「オージョードゥイ・アン・フランス」と名前が変わる。これも全国紙の一つだ。
 部数はあわせて約49万部。でも、ハズレだ。

 「キャナール・アンシェネ」ときたか。ほう、さてはアンタ、フランス通だな。これは政治を中心に風刺のきいた記事、言葉遊びの巧みな見出しが名物の新聞だ。しかし、こいつは週刊だからな、ちと性格が違うぜ。
 ちなみに、ウィキペディアによると約54万部。ほとんどの新聞が慢性的な赤字にあえぐフランスで、数少ない黒字の新聞ってのは、実はコレだ。


 へっ、引っ張っちまったな。メンゴメンゴ。
 正解は「ウエスト・フランス」。約76万部だ。ル・モンドの2.5倍よ。
 あんまり聞いたことねえだろ? その名の通り、ブルターニュやロワールといったフランス西部で発行されている地方紙だ。なんとなんと、日本の常識と違って、全国紙よりも地方紙の方が発行部数が多いんだな。

 その特徴は、地域に根差した紙面。計12の県で出ているんだが、地域ごとに紙面の内容が違って、ぜんぶで42版もある。実にきめ細やかじゃねえか。
 これは日本の新聞に非常に近いな。そう注意して読んでる人もいねえかもしれんが、日本の新聞には必ず地方版というページがあって、発行地域ごとにちょっとずつ違った紙面になっているんだな。多い所では一つの県で7種類の紙面をつくっているところもある。ウエスト・フランスのやり方は、これと全く同じだ。
 日本に近い点は他にもある。ル・モンドを筆頭にフランスの全国紙ってのは、政治や国際問題で記者が高説をぶっ垂れるってな記事が多いんだが、ウエスト・フランスは日本で言う「家庭欄」も充実している。それぞれの地方で行われるイベントごとにも詳しい。そのへんも支持される理由なんだろう。
 つーか、はっきり言って他の新聞にサービス精神がなさ過ぎるんだよな。

 読者へのサービスは記事だけじゃねえ。
 前回の記事で、サルコジがはじめた若者に無料で新聞を配るサービス「モン・ジュルナル・オフェル」ってのを紹介したが。これ、もともとはウエスト・フランスのやってたサービスなのよ。
 2006年、18歳から24歳までの7万3千人に無料で新聞を提供。その結果、15%にあたる約1万人が無料サービス終了後に購読を申し出たって話だぜ。損して得取れってのを体現する、なかなか考えたやり方じゃねえか。
 こういう実績があったからこそ、新聞各社も喜んでサルコジの施策を受け入れたってわけだな。

 だが、ウエスト・フランスの無料提供ってのは、実は若者だけに限った話じゃねえんだ。
 同じく2006年から続けているサービスに、刑務所の受刑者に対する無料配布ってのがある。刑務所で過ごす時間は辛く厳しい。せめて新聞でも読んで気晴らしにしてもらおうじゃねえかってんで始めたんだそうだ。刑務所ってのは罰を耐え忍ぶだけのためにある場所じゃねえ、社会復帰のための準備をするところでもあるからな。新聞を読むのは世間を知り、知性を磨くためにも大事ってわけだ。
 なぜだかサルコジは、また他の新聞社も、こっちのサービスはマネしねえようだ。不思議だねえ。


 いや、まいったね。
 フランスの新聞と言えばル・モンドって発想は、もしそんなものがあるとするならだが、ちょいと改めた方がいいかもしれねえぜ。




bancho200.gif



スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

11:00  |  俺節フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(13)  |  編集  |  上へ↑
 | BLOGTOP | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。