2010年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2010.06.05 (Sat)

自動化される粗大ゴミ処理!? フランスごみ事情

 まいったね。
 フランスのゴミ処理事情には、まいったね。


 我がサイトじゃさんざっぱら繰り返し言ってることだが、フランスってのはなぜだか、実態以上に良いイメージで語られることが多い。たとえばパリジェンヌなんてのは美人の代名詞みたいに言われているが、うーん、そりゃ美人も確かにいるけど、んなのはどこの国でも一定の割合はいるわけで、目が慣れてくるにしたがってフツーだなって結論に至る。
 特に日本人を見慣れた番長の目に物足りねえのは、肌の美しさだ。キメの細やかさがイマイチ欠ける人が目に付くんだよな。ま、みんなムダに肌を露出してっからかもしれねえが、くすんでたりシミがあったり。あと、基本的にあんまり化粧をしない人が多いってのも一因かもしれねえ。これはいいことなのかもしれないが、総じて言って日本人の方がコギレイなんだよな。

 フランス人はオシャレが個性的なんてのも女性誌かいわいじゃよく聞く話だが。確かに、オシャレなオッサンてのが珍しくないってのは日本にはないことだし、スカーフのような小物の使い回し方はなるほど上手だとも思うが、全然シャレてない服を着込んでる人ってのもたくさん見かけるぜ。特に冬場なんてのは、女性もみんな黒っぽいパンツばっかりで、見た目にどうも楽しくねえなあって感じなのよ。
 以前、おすぎだかピーコだかが、オシャレは我慢だって言っててさ。ヒールを履いたり、ピタッとしたのを着込んだり、冬でも肌を露出させたりと、確かにそうなんだよな。おそらくそういうオシャレってのは、フランス人の感覚にはあわねえんだろう。ま、こいつは価値観の違いだな。番長も、別にムリしてオシャレ決め込む必要なんてのは全然ないと思うぜ。日本人にゃそういうところを学んでほしいもんよ。


 何の話だっけ。おお、フランスが必要以上に持ち上げられてるって話な。今回俎上に上げたいのは、リサイクルの話よ。
 ご多分に漏れずフランスでも、環境問題ってのは大流行でね。いや、既に定番と化したか。絶対的に正しい無敵の価値観としてフランス社会を席巻、君臨しつつあんのよ。政治の世界でも環境政策を第一に掲げる政党が大躍進したりしてるしな。
 ただ、日本じゃ一部でフランスのことをエコ先進国みたいに持ち上げてる向きがあるようなんだが。そこまでのものかって言えば、それは怪しいんじゃねえかという気がしてならねえんだな。
 たとえばスーパーに行って買い物をすると、レジ袋をジャカスカくれる。もっともこれは地域差が大きくて、自治体によっては無料のレジ袋配布を禁じているところもあるがな。
 まあ、総じて言ってヨーロッパで言えば断然進んでるのはお隣のドイツだろう。ことリサイクルの観点から言えば、フランスなんてのはまだまだなんじゃねえかなと、町を歩いてると思うんだぜ。

 その証左の一つが、ゴミ箱だ。
 まあこれを見てくれよ。



s-ordeur1.jpg



 こいつは各家庭がゴミを持ち寄って入れる、街角のゴミ捨てボックス。
 缶やビンも突っ込んであって、分別も何もあったもんじゃねえ。
 足元を見てくれよ。ついでにテレビまで捨ててあるぜ。これ、日本だったら廃棄物処理法違反だな。



s-ordeur4.jpg



 ズドーン、と。
 オイオイ、右にあるのは電話ボックスなんだが、ゴミにふさがれて入れないじゃねえか。
 ま、犬のフンすらろくに片づけねえ国だ、ゴミだけきれいにする道理がないわな。

 輪を掛けて困ったことに。日本じゃゴミ収集ってのは朝一番と相場が決まってるじゃねえか。ところがフランスの回収ってのは、夕方だったり、夜だったりすることもあるんだな。つまり、ゴミは日中出しっぱなし。タダでさえ小汚い街の景観が大汚くなっちまうってのな。



s-ordeur2.jpg



 古い机、いやキッチンか? 解体されて無造作に放り出されてたぜ。
 手前のは段ボールなど、本来はリサイクル可能な紙ゴミだが、分別回収されてる様子ってのは見たことがねえ。



s-ordeur3.jpg



 真ん中の白い円筒形のもの。これ、簡易シャワー用のタンクだな、おそらく。
 天下の往来に何を捨ててんだかねえ。

 ただ、しょうがない部分もある。自治体でどの曜日がゴミの日だとか、粗大ゴミはどうやって集めるだとかってことを、日本のようにきちんと周知してねえことがほとんどなんだな。

 とは言え、生ゴミはともかく、粗大ゴミの類に関しちゃ心配はご無用だぜ。
 街中に放置されっぱなしになることはない。ちょっと目を離しているスキに、すぐ「処理」されちまう。

 というのも、めぼしいものは誰かが持っていっちまうんだな。いや、日本人の目から見たら全然めぼしくないものも、1日もすれば消えてるってことがほとんどだ。
 どこへ行くのか。
 こいつは番長の推測だが、こういうところへ流れてるんじゃねえかな。



s-marche7.jpg

s-marche9.jpg



 こいつは以前の記事で紹介した、「蚤の市」あるいは「フリーマーケット」の様子。な、つながるもんがねえかい。
 とどのつまりは自治体が手をこまねいているゴミの処分を、蚤の市でガラクタを売るような連中へ実質的に下請けに出している、という気がしてならねえぜ。


 いや、まいったね。
 これだってリサイクルの一環だから、とがめる気は全然ねえが。釈然とはしねえなあ。




bancho200.gif



スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

11:00  |  俺節フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)  |  編集  |  上へ↑
 | BLOGTOP | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。