2010年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2010.06.16 (Wed)

チロル番長! オーストリアにビヤーンブニュよ 今回はパブ記事だぜ

 まいったね。
 いきなりの「チロル案内」には、まいったね。


 おかげさまでぼつぼつと知名度も上がりつつあるうちのサイトなんだが。ある日番長のもとへ妖精さんがやって来て、耳元でこんなようなことをささやいたのよ。


 このたび、オーストリア政府観光局のサイトを紹介して下さるブロガー様を募集することとなりました。
 つきましては、オーストリアにも関わりの深いフランスについて記事を書かれているフランス番長様にぜひ労をお執りいただきたく、ご連絡いたしました。
 取り上げていただきたいのはチロル地方です。
 記事を掲載していただけましたら、ギャランティをお支払いします。




 っか~っ、番長も出世したもんだねえ。カネは払うんで記事を書いてくれときた。アフィリエイトはうまくいかなかったが、ついに番長のガマグチにも小銭がちゃりんちゃりんと舞い込む日がやってきたってわけだ。
 しかし、だがしかしだ。「オーストリアにも関わりの深いフランス」って……。オーストリアについて書いてるサイトってのがあんまりなかったんだろうとは推察するが、そいつはいくらなんでもコジツケってもんじゃ、ねえのかい?
 オーストリアに関連のあるヨーロッパの近隣諸国と言えば、まずはドイツ、あるいはスイスだろう。フランスにいたっては国境線すら接してないぜ。
 両国の関わりって、なんかあったっけか。ああ、もう200年以上前の話になるが、「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」でおなじみのマリー・アントワネットがオーストリアはハプスブルク家の出身で、ルイ16世のところに嫁いできてフランスの王妃になったってことくらいか。もっとも、このひとフランスに来ちまったばっかりに、ギロチンにかけられて殺されちまってるけどな。
 しかも、なんだってまたチロル地方限定なんだい。ていうかどこにあるんだよ。行ったことはおろか聞いたこともないぜ。そんなことで任に堪えるのかい? 番長、ガマグチ妖精さんに聞き返したのよ。
 そしたらこんなお返事が来た。


 確かに、直接オーストリアとの関連はないかもしれません。しかし、独特の切り口で書いておられ、読み応えのある内容だと思い、お声を掛けさせて頂いた次第です。



 って言うのよ。
 いや~、まいったねえ! そりゃまあ確かに多少の工夫はして記事を書いちゃあいるが、独特の切り口って、そうかい? でなに、読み応えがあると。いやいやいや、そんな大したもんじゃないって番長の記事なんか、過大評価ってもんだよそいつは。そりゃ、言われて悪い気はしねえけどさ。ハッハッハ、どうやら嘘の付けねえ妖精さんのようだな。そういう誠実な人、番長大好きだぜ。そうかい、オーストリアね、チロル地方ね! よっしゃよっしゃ、番長に任せとけって。


 てなわけで、ひょんなことからオーストリアの記事を書くことになっちまった。
 はっきり言って今回は、その「オーストリア政府観光局のサイト」に人を呼び集めるためのパブ(広告)記事だ。だから、この手の記事は好かねえって方は、わざわざ番長のサイトを開いていただきながら大変恐縮だが、今回はここでお引き取りをお願いしたいのよ。念のために言い添えるが、これまで書いた記事の中にパブ記事ってのは一切存在しないんで、そこんところはキャトル・シス・キャトル・ヌフでお願いするぜ。
 ちなみに、具体的な額は書かねえが、ギャランティと言ってもまあ、あんまりこういうことを書くと向こうさんには失礼だが、まあまあの昼飯が食える程度の額よ。それと、オーストリア政府観光局のサイトにどれだけ番長のサイトからアクセスが行ったかなんてことも今回のギャランティの多寡にはぜんぜん関係ねえんで、そこんとこひとつ頼むぜ。

 前置きが長くなっちまったが、ここから番長はチロル地方の案内を始めるぜ。上手にお付き合いしてくれよな。


 さて。
 アンタ、オーストリアに行ったことあるかい?
 なになに、行ったことはあるけど、首都のウイーンにしか行ったことがないと。ザッハトルテ食って少年合唱団の歌声を聞き、シェーンブルン宮殿を眺めて帰ったと。ま、観光ツアーでもおなじみのパターンだわな。



austria.jpg



 もったいねえ。いや、もったいねえよそりゃ。なんだって郊外に足を運ばなかったんだい。オーストリアと言えばアルプス山脈をいただく自然豊かな国なのに、ウイーンだけ見てハイ終わりってことはねえぜ。ん、さっきの写真? あれは番長の撮ったものだ。なに、自然の写真はないのかって? ないけど、それが何か?
 ウォッホン、いやいや、コレはホントの話。パリだけを見てフランスを語ってくれるなってのと同じことよ。「パリはフランスじゃない」とフランス人が言うように、オーストリア人は「ウイーンはオーストリアじゃない」と言ったり、あるいは言わなかったりするようだぜ。


 そんな風光明媚なオーストリアの地方、どこも素晴らしいんだが、今回番長がイチオシするのはチロル地方なのよ。
 なに、聞いたことがない。オイオイ、どうかしてるぜ。よーく思い出してくれよ、アンタも駄菓子屋で聞いたことがあるだろうよ。
 そう、あのチロルチョコ、10円玉で買えるいかしたあのチョコレートの名前の由来になったのが、ここチロルなのよ。チロルチョコ株式会社のウェブサイトによると、


チロルと言えば、ヨーロッパのほぼ中央に位置するアルプス地帯の一部、オーストリア西部のチロル州を思い浮かべます。そこは、色とりどりの花々や緑の豊富な美しい自然に囲まれた風景と、どこまでも広がる青空の澄みきった空気に満ちた高原地帯です。アルプス山脈を間近に臨むその地域で暮らす人々の素朴さも含め、チロル地方のようにさわやかなイメージを持ったお菓子でありたいと、「チロルチョコ」と名付けられました。



 うーむ。一見もっともらしいが、たぶんこれは後付けの理由だな。というのも、チョコレートはチロル州の特産ってわけじゃねえからだ。だいたいチョコってのは南米やアフリカといった熱帯気候のところに育つもの。おとなりスイスがチョコレート製造で有名なんでそのへんと混同して、おそらくは音の響きがいいくらいの理由で付けたんじゃねえかな。なんせチロルチョコが発売されたのは1962年で、福岡県は田川市を中心に西日本の駄菓子屋で細々と売り出されたってんだからな。そのへん、多少の誤解は仕方あるまいよ。
 もっとも、そのおかげでチロルの名を知らない日本人はいねえんだから、オーストリア側としても大歓迎の誤解だろうけどな。


 おっと、誤解と書いたが、株式会社チロルチョコの言うチロル州のイメージ、こいつはまったく誤解じゃないぜ。
 ババン! このサイトを見てくれトップの写真を見たかい。今にもハイジがこっちへ走ってきそうじゃねえか、なあ。ん? ハイジの舞台はスイスだ? そういう無粋なことを言うもんじゃねえよ、似たようなもんだろ。もとい。勝るとも劣らない素晴らしさだよなあ。これがチロルなのよ。

 こういうきれいなところへ来たら、そりゃハイキングだろやっぱ。フランスじゃこれをランドネと言ってな、趣味の一つとして立派に認められてるんだぜ。このチロル州ではなんと! 専門のガイドが無料で付くんだ。最初の10分だけ付き添うから後はご自由にどうぞってんじゃねえ、ちゃーんと3~4時間にわたって引率してくれるんだぜ。力入ってるねえ。しかも、靴やリュックサックまで無料でレンタルしてくれるってんだから至れり尽くせり。パリジェンヌもハイヒールにヴィトンのハンドバッグ一つで来てくれって話なのよ。


 さらに。これがまた気の利いたことに、交通のアクセスが素晴らしいんだな。アンタ、ヨーロッパでレンタカーを借りたことあるかい。何の準備もなく行くとびっくりするぜ、オートマってのがほとんどないからな。マニュアル車ばっかりなんだ。ちゃんとオートマ限定じゃない免許を持ってるとしても、しばらくマニュアル車には乗ってないって人が日本人には多いんじゃねえかな? 坂道発進大変だぜ!

 そこへ行くとチロル州は公共交通機関が完備されてる。チロル地方の中心都市はインスブルックと言って、人口12万人を抱える結構な規模の都市なんだが。ハイキングの基地になるエッツタールやサンクトアントンなんて町にも、鉄道やバスなんかで1時間半から2時間もかけりゃ着いちまうんだ。便がいいねえ。つまりは便利だねえ。お得なチケットも多数用意されてるから、こいつをうまく使えば晩のおかずが一品増えるって寸法だ。


 ところで、いまちょいと触れたインスブルックなんだが。これがまた、見逃せねえスポットなのよ。どうだい、どこかで聞き覚えないかい。実はこの町では1964年と76年の2回、冬季オリンピックが開かれてるんだな。夏季オリンピックが2回開かれてる都市ってのはいくつもあって、ロンドンなんてのは2012年の大会で3回目になるんだが。冬の五輪を2回やってるのはインスブルックだけなのよ。ウインタースポーツでは定評のある町と言っていいだろうな。

 ここは古い歴史を持つ町でね。最も有名なのは「黄金の小屋根」と呼ばれるバルコニーだな。15世紀に活躍した神聖ローマ皇帝で「中世最後の騎士」と称されるマクシミリアン1世がつくらせた、大変由緒正しいものなのよ。なんと2657枚もの金の瓦をふんだんに使ってあるんだぜ。どうだい、きれいだろ。さすがの金閣寺も裸足で逃げ出すだろうな。なに、写真がないって? 馬鹿を言っちゃあいけねえ、このサイトにきちんと載ってるじゃねえか、ハッハッハ。今回ばっかりはうちのサイトにとどまってもらってちゃ困るのよ。あいや、なんでもねえ、こっちの話だ。

 それから、市の塔っていうタワーがあるらしいんだが。いや、あるんだが。なんと高さが57メートル! 高いぜえ。コンバトラーVと同じ高さだ。なにって、コンバトラーVだよ。超電磁ロボ。身長57メートル、体重550トン、巨体がうなると空飛ぶぞ、って歌ったもんだろうよ。必殺技がヨーヨーの、あのロボットよ。どうでもいいけどコンバトラーって名前、すげえ農家っぽいよな。ホントにどうでもよかったな、メンゴメンゴ。

 えーっと、インスブルックには他にも、王宮や教会といったバロック建築の名作が並んでるんだぜ。この教会にあるオルガンは、世界で最も名高い5つのオルガンの一つに数えられてるんだそうだ。なんなんだそりゃ。他の4つはどこにあるってんだ。だいたい、こういうのって普通は世界三大××ってんじゃないのかよ。いや違う、そういう話じゃなくって、とにかくすげえオルガンがあるんだ。どう凄いのか、こいつは見てのお楽しみだぜ。

 そんな見どころいっぱいのインスブルックを効率よく回るには、コレ! インスブルック・カードだ。公共交通機関はもちろん、博物館も動物園も、あのベルクイーゼル・ジャンプ台も、みんなフリーになる。そのうえさらに、「チロルの夕べ」ショーが割り引きになるってんだから驚いた。しかもしかも、カジノに行ってこれを見せればウエルカムドリンクが出てくるんだそうだ。あれ、カジノってドリンクはタダなんじゃねえのかって。インスブルックでは違うんだろうなあ。ケチなことを言うんじゃないよ、奥ゆかしいじゃねえか。こういう空気のきれいなところまで来てさ、ギラギラしちゃあいけねえのよ。じゃあなんでカジノがあるのかって? わかってねえな、そういう聖と俗の二律背反を楽しんでこそのオーストリア・バカンスだろ!


 さて、番長から最後にトドメの一撃だ。
 おしゃれに疎いアンタでも、スワロフスキーって名前くらいは聞いたことあんだろ。
 そうよ、あのキラッキラのスワロフスキーよ。光の当たり具合で色が変わるアレ。クリスタル・ガラスっていうらしいな。アクセサリーにしたり、ドレスの生地に縫いつけてあったりするじゃねえか。
 アレ、実はぜんぶチロル州の中で作ってるんだ。本店はインスブルックにあるんだぜ。連れていっちまえばあの子もメロメロよ。やったな。
 そんなスワロフスキーは、なんとヴェルサイユ宮殿にぶら下がっているシャンデリアのパーツでもあるんだってさ。いよう、最後にうまくチロル州とフランスがつながったじゃねえの。めでたしめでたし、だぜ。


 どうしたい、鳩が豆鉄砲喰らったような顔して。
 なに、番長はどうしてそんなにチロル州のことに詳しいのかと。そう聞くのかい。
 てへっ、実はぜーんぶ、オーストリア政府観光局のサイトを読んで書いたのよ。
 チロル州に限らず、オーストリア全土の見どころが満載なんだぜ。あんまり充実してるんで、行ったことがなくても行ったような気分になれちまうくらいだ。
 そんな情報満載のサイトを、どうぞよろしく!

 あ、チロルチョコとかコンバトラーVのくだりは書いてねえからな。念のため。
 あと、できりゃサイトを見るだけじゃなくて、実際に行ってみてくれよな、オーストリア。ラリアと間違えんなよ。カンガルーはいねえからな。


 いやー、まいったね。
 どうだったかな、フランス番長初のパブ記事。読み返してみると、我ながらなっかなか苦難の道のりって感じだったな。
 冗談抜きで公式サイトの方は写真もきれいだしよくまとまってるから、いっぺんお義理でも見てやってくれよ。この手のサイトにありがちな、翻訳調の変な日本語もないしな。
 うーむ、しかしなんだか、普段つかわねえ筋肉を使った感じだな。ヤレヤレ!
 ここまで読んで下さったアンタ、お付き合いに感謝するぜ。



bancho200.gif



スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : オーストリア・チロル ジャンル : 海外情報

11:00  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(28)  |  編集  |  上へ↑
 | BLOGTOP | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。