2010年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2010.06.18 (Fri)

なんデモかんデモ……意味わかんなーい

 まいったね。
 ストやデモの意味不明さには、まいったね。


 ストをうつのもデモをするのも、これは労働者の権利。やりたいようにバンバンやればいいと思うぜ。
 ただ、これも日本人の感覚なのかな。どうにもよくわからねえことがいくつかあるんで、ちょいと羅列させてもらうとするぜ。


■ なぜ無関係の場所でデモ?


 SNCF(フランス国鉄)の職員が鉄道の運行をやめる。学生が教室にバリケードを張る。店員のストで店が営業しない。工場労働者が工場をロックアウトする。と、こういうのはわかる。だが、デモが行われている場所とその当事者ってのが、フランスじゃ必ずしも一致しないんだな。

 あるときSNCFの駅でその駅始発の列車に乗り込み、発車時刻が来るのを待っていた番長。遠くの方からブンガブンガドンドンと楽しげな音がする。ああ、サーカスでも来るのかなあ。ピエロってどうして怖いのかなあ。なんてぼんやり考えているうちに音がどんどん大きくなる、近づいてくる。
 窓の外に目をやると、一団の楽隊、にしては楽器を持っていない人の数が多い。番長の近くに座っていたマダムがやれやれといった表情で携帯電話を手に取る。「ちょっと今日は何時に着けるかわからないわよ。いま駅にいるんだけど、マニフェスタシオン(デモ)の一隊が入ってきたから」
 そう、遠目なんで何だかよくわからなかったが、なにがしかのデモ集団で、ホームやら線路やらを練り歩いてるんだな。駅と言えば人の集まるところだから、そこでアピールしようって意図もあるんだろうが。彼らがいる間は、当然ながら危険だから列車は発車できない。そういう示威行動でもあるんだな。

 こういうときは、車内の空気がすーっとあきらめモードに変わるのが感じられる。嵐が過ぎるのを待つしかないってな。フランス人はおおむね他人のデモやストに対して寛容だが、いつかは自分が行使することもあるだろう権利を他人が使うのを見届けているとか、ましてや同じ労働者として連帯しているなんて感じじゃないように、番長には思えるぜ。むしろ、やれやれしょうがねえな、という諦念だな。
 このときは30分くらいの遅れで無事に発車できたんだから、運が良かったんだろう。
 他にも、街一番のショッピングモールの正面入り口が閉鎖されていて、こりゃ店員のストかと思ったら脇の入り口から中に入れて、モール内の各ショップは平常通り営業してたりとか。トラムが走る線路の上に、職員でもないのに居座る連中がいたりとか。嫌がらせかっての。
 番長の私感だが、こういうの、学生のデモってことが多いような気がするぜ。


■ デモ自体が目的化してないか?


 詳しいことを書き出すと長くなるんで省略するが、フランスでは2006年にでっかいデモがあった。警察発表で100万人、主催者発表で300万人が参加したとされている。悪名高い「CPE」という法案に反対するもので、これは「25歳以下の労働者に限り、いったん雇っても2年以内は自由に解雇できることにする」という内容。失業率、特に若者の失業率が高いのは、一度雇用してしまうとクビを切れないフランスの法制度が企業側を臆病にさせているからだってんで提案された。

 これに若者が猛反発した。それはわかる。俺たちばかりに負担を押し付けてんじゃねえ、となるわな。ところが、実際にデモに参加したのはほとんどが公務員だった。SNCF、公立学校、郵便局、などなど。労働組合が動員したんだな。
 長い目で見たときに、CPEの導入を許せばいずれ日本のようなリストラに道を開くという危機感は理解できる。この法案について事前に労組への根回しがなかったという事情もあったようだ。
 しかし、どうもしっくりこねえ。以前の記事でも書いたが、極端な言い方をすればだぜ。このときデモの主体になった労働組合に加入しているような、まず定年までクビになることなく雇用され続けていく人たちの権利が守られているがために、若者の失業率が高くて、それで政府はこんな法案を出してきたわけだからな。言ってみりゃ、彼らと若者とは利害が相反しているはずなのよ。それが手を結ぶのはおかしくねえかい。
 結局のところ、うまいことプロに利用されちまったんじゃねえか、若い衆は。

 もう一つこのときには、カスール(「壊し屋」の意)と呼ばれる連中が建物を壊したり火を付けたりして警官隊と衝突する騒ぎになった。彼らはゲットーに住む移民系だったとされている。パリ郊外で大規模な暴動があったのは前年2005年のことだったが、いい機会だってんで混ざっちまったんだな。
 結果、このデモってのは何がなんだかわからなくなっちまう中で規模だけがどんどん肥大化し、最終的には当時大統領だったシラクが出てきて法案を撤回した。

 番長のうがった見方だってのはわかってるが、この動きでの労働組合やカスールには、どうも後のせサクサク感が否めないんだよな。ビッグウェーブがきたからここはノっていこう、っていうさ。これを「世代や立場を超えた連帯」みたいに言う人もいるが、そんなイイ話だとは番長にはとても思えねえんだが。


■ 民主主義はどこへ行った?


 上に書いたCPEの話もそうなんだが。参加者が100万人だろうと300万人だろうと、そりゃフランス国民6千万人中の一部でしかない。
 民主主義の基本は代議制だ。有権者が選挙で選んだ政治家によって、議論の場として議会が設けられている。CPEに反対するのはいいが、その議論は議会でできなかったのかねえ。議会で否決されたり、国民投票にかけられたりしたわけでもねえのに、一部の人の意見だけで政策を変えちまって、本当にいいもんなんだろうか。
 実際、いまだにフランスの若年失業率は高いままだもんな。

 同じ頃にこんな話もあった。日本軽金属の子会社に東洋アルミニウムってとこがあってね。フランスのスペイン国境に近い田舎町に工場を持っていた。で、60キロ離れた別の町に新しい工場を建てることにしたんだな。
 これに地元選出の国会議員が反発した。今ある工場は閉鎖されるに違いない、ここでは147人が雇用されているのに、そんなことになれば産業のないこの町はおしまいだ。議員はハンガーストライキにうって出た。ハンストだ。刑事物語の武田鉄矢よろしくハンガーをぶん回して闘うわけでもなきゃ、パンティーストッキングでもないぜ。工場新設の計画を撤回するまで断食するってんだな。
 体重は21キロも落ち、体長も悪化。支援の輪が広がる中で、しまいにゃ首相や大統領が介入して、新設計画は撤回された。ハンストから39日目のことだった。この議員は即、入院したそうだぜ。
 これ、アンタどう思うよ。フランスでは美談扱いなんだが。国会議員だったらもうちょっと別の解決方法はなかったのかねえ。それこそ政治的に介入する手だてはさ。マハトマ・ガンジーが非暴力・不服従運動をしたのは、イギリスから独立するために、それしか手段がなかったから。この人には他に何なりとやれることがあっただろうよ。
 ちなみに、東洋アルミニウムは今ある工場を潰すつもりはさらさらなかった、としている。つまりはこの議員の完全な思いこみなのよ。再三そう説明したんだが、聞く耳を持ってもらえなかったんだとさ。
 はー、意味がわからねえ。あんまりわからねえんで頭がクラクラするぜ。


 いや、まいったね。
 そいつはこういうことだぞ番長!と、どなたか解説してくれねえかい?




bancho200.gif



スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

11:00  |  俺節フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)  |  編集  |  上へ↑
 | BLOGTOP | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。