2010年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2010.06.21 (Mon)

フランスマンガの二大巨頭、知ってるかい?

 まいったね。
 フランス語マンガの日本での知名度の低さには、まいったね。


 フランスの書店には、フランス語に翻訳された日本のコミックスの単行本がフツーに並んでいる。「ドラゴンボール」とか「NANA」とかな。こんなところに、と思うような地方の小さな本屋さんにもある。かなり浸透していると言っていいだろう。
 事の発端は30年以上前にさかのぼる。1978年に放送が始まった「ゴルドラック」というアニメが大人気を博した。



s-goldrak.jpg
(映画ファンサイトCinema Passionより、DVDのジャケット画像)



 これ、邦題は「UFOロボ グレンダイザー」。「デビルマン」や「マジンガーZ」で知られる永井豪のロボットアニメだ。マジンガーZのシリーズ3作目に当たる。
 正直言って、日本じゃさほどメジャーな作品じゃねえよな。マジンガーZなら、世代にもよるが、名前を聞いたことくらいはあるって人が多いだろうが。有名ロボットアニメと言えば、「ガンダム」とか「エヴァンゲリオン」とかだよな。
 ノンノノン、フランスでガンダムなんて言っても誰も知らねえ。対してゴルドラックことグレンダイザーのメジャーさたるや大変なものだ。日本語版ウィキペディアの記述によると、平均視聴率75%、最高視聴率はなんと100%を記録したらしい。ほかにも、週刊誌「パリマッチ」の表紙にもなったとか、フランス版主題歌のレコードが100万枚を売り上げたとか、日本から訪れた鉄鋼業界幹部をもてなすために巨大ロボットが飾られたとか、愉快なエピソードがいくつも綴られてるぜ。どこまでホントなのかは知らねえが。
 ちなみに、同じ1978年にはフィリピンで「ボルテスV(ファイブ)」という和製ロボットアニメの放送が始まってるんだが、これがまた最高視聴率58%叩き出す大人気を博したんだそうだ。なんなんだ、いったい。そんなにロボット好きか。

 話をフランスに戻そう。同じ時期には少女漫画の「キャンディ・キャンディ」も放送され、やはり人気を集めた。
 なんで当時のテレビ局は極東のアニメなんかを買い付けたのか。どうも、べらぼうに値段が安かったらしい。かの手塚治虫先生が鉄腕アトムを安ーく売っちゃってからというもの、日本のアニメってのはそれを基準に安く値をつけられちまったんで、後に続くアニメ制作者たちが地獄を見たらしいな。
 ともかく、テレビ局側としては何の気なく放送を始めたわけよ。ところが、これが大当たりした。

 当時のフランスのアニメは、いや、未だにそうなんだが、あからさまに子ども向けなのよ。そうねえ、日本で言えば「アンパンマン」みたいな感じというかな。いいとこ「ドラえもん」くらい。
 一方でグレンダイザーやキャンディってのは波瀾万丈の人間ドラマだ。欲望、裏切り、嫉妬、憤怒とナマナマしい。これがフランス人には衝撃だったらしいぜ。特にキャンディキャンディなんてのは、いじめ・事故死・戦死・横恋慕・記憶喪失・自殺(未遂)とハイブロウだもんな。ガキんちょの感性はむしろ大人よりも豊か。二転三転するストーリーが子どもたちを釘付けにしたそうだぜ。
 いま40代くらいのフランス人には、こういう日本のアニメに感化された人がずいぶん多いようだ。もっとも、少なからぬ割合で、日本製だってことは知らないようだがな。どの作品にもあからさまな日本人フェイスは出てこねえから、仕方のないところか。

 ところが、ジャパニメーションとフランスの蜜月ってのはそう長くは続かなかった。80年代の終わりになると、暴力的だ、女性差別的だってんで槍玉にあげられるようになったんだな。で、あっという間に日本のアニメはテレビから消えちまった。ちなみに、その立役者になったのがセゴレーヌ・ロワイヤル。前の大統領選挙で社会党の候補としてサルコジと戦ったおばはんだ。
 しかし、幼心に植え付けられちまったモノはなかなか抜き去りがたいんだろうな。90年代になると、日本の漫画に対する関心が強まる。大友克洋の「AKIRA」なんてのがその立役者だな。で、本屋にコミックスの風景へとつながっていくわけだ。


 てなわけで、フランスでは日本の漫画がよーく知られている。
 さてここで。逆に、日本人のアンタに聞こう。フランスの漫画、何か知ってるかい?

 いやいや、ムリしなくていいよ。知らねえよな、フツー。
 フランスで「ドラえもん」「サザエさん」並みに有名な漫画というと、これは「TINTIN」と「ASTERIX」ってことになる。

 まずはTINTIN、大きく口を開いて読み上げてもらおうか。せーの、って、ん? なに顔を赤らめてんだい。「タンタン」だぜ。フランス語じゃ、こういう場合のIは「ア」の発音で読むのよ。
 タンタンってのは主人公の名前だ。



tintin.jpg
タンタン公式サイトより)



 彼はまだ子どもなんだが、記者を生業としてるんだな。そんなタンタンはおとものワンワンと世界各地をルンルン気分で回るんだが、ザンニンな悪党に追っかけられたり殺し屋にパンパン発砲されたりと、行く先々でサンザンな目にあう。ま、そこは子ども向けの漫画だから、どんな危機に陥ってもピンピンしてて、最後はシャンシャンだけどな。
 ソ連当時のロシアへ行ったり、アフリカのコンゴへ行ったり、果ては月面着陸したりと、宇宙を股に掛けて大冒険を繰り広げる。誕生は1929年で、80年あまりの間に80カ国以上に翻訳され、総部数は2億を超えるそうだ。

 この「80カ国」の中に日本も入ってるんだが、アンタ、知ってたかい? 「タンタンの冒険旅行」と題して出版されてるんだそうだ。番長は全然知らなかったぜ。タンタンと聞いても担々麺くらいしか思い浮かばねえよ。
 ところが、ヨーロッパではホント、国の枠を超えて誰でも知ってんだな。そうねえ、スヌーピー的な人気というかね。タンタン関連のグッズだけを売っているタンタンショップなんて店が存在するくらいなのよ。デザインの素朴なかわいらしさが受けてるんだろうな。
 ちなみにフランス人は、このタンタンを自国生まれと勘違いしていることがすごく多いんだが。実際にはベルギー生まれだ。普段のフランス人ってのは、ベルギー人のことをジャガイモばっか食ってる田舎者ってな具合にさんざ揶揄してるんだがな。都合のいいことだぜ。


 さて、次。ASTERIX。これは「アステリックス」と読む。こんなキャラクターだ。



asterix.jpg
アステリックス公式サイトより)



 で、アステリックスにはこの「オベリクス」といつも一緒にいる。



obelix.jpg
(同上)



 どうだい、この感じ。なんで人気があるんだか、さっぱりわからねえ造形じゃねえか。
 しかしコイツはタンタン以上で、なんと100カ国で3億部以上を売り上げているって言うのよ。

 このアステリックスとオベリクス、ほかにもいっぱいキャラクターはいるんだが、ガリア人という設定でね。もうこの時点で日本人には感情移入がしにくいんだが、ガリアってのは古代ローマ時代のフランス近辺を指す地域名だ。アステリックスの原型はガリアの英雄、ウェルキンゲトリクスなんだとさ。
 こいつはお手上げだぜ!
 もっとも、お話自体は単純。アステリックスはちびだが機敏で賢い。オベリクスは気の優しい力持ち。そんなガリアはローマ帝国の侵略に脅かされているんだが、ガリア人たちが機転を利かせて追い払うという、ザックリ言ってそんな話だ。
 これがまたヨーロッパではフランス以外でも大人気でね。こともあろうに、おちょくられる側のローマ帝国を先祖に持つイタリアでも人気だっていうから、よくわからねえな。


 タンタンとアステリックス、どちらも「知らない」なんて言った日にゃ、フランスではカワイソウな子扱いされちまうからな。名前くらいは知っておいた方がいいぜ。
 ただ、知ったかぶると細かいキャラクターやエピソードの話をされちまうから、そこは「俺はたまたま知ってるが大多数の日本人は知らない」ってことをハッキリさせておいた方がのちのちラクだろう。
 それにしても、スヌーピー(ピーナッツ)にポパイ、ピンクパンサーと、洋モノでもアメリカ発祥のものはちゃんと日本でも有名だってのに、なんなんだろうねえ、この落差は。


 いや、まいったね。
 こういうところにも、ヨーロッパと極東との距離の遠さが表れてるのかもしれねえなあ。




bancho200.gif



スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : 海外アニメ ジャンル : アニメ・コミック

11:00  |  俺節フランス  |  トラックバック(2)  |  コメント(24)  |  編集  |  上へ↑
 | BLOGTOP | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。