2010年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2010.07.20 (Tue)

クイズ! 発明したのは誰だ?

 まいったね。
 「世界初」には、まいったね。


 ババン! 今日はクイズに答えてもらおうじゃねえか。

 世界で最初に飛行機をつくったのは、だ~れだ?


 正解は……知らないっていうオトボケさんは置いておくとして、多くの人がこう答えたんじゃねえかな。


 「ライト兄弟」と。



s-Wright_Brothers_in_1910.jpg
ウィキペディアより)



 ところが、フランスでは全然違った答えが返ってくるぜ。


 「クレマン・アデール」と。



Clement_ader,_1891
ウィキペディアより)



 その差はハッキリしてる。ライト兄弟が最初の有人動力飛行に成功したのは1903年12月17日。飛行時間12秒、飛行距離36・6メートルを達成した。
 しっかーし。さかのぼること13年前、1890年10月9日。アデールは約50メートルを飛んだっていうのよ。


 もっとも、アデールの飛行は高度20センチだったそうだ。うーん、普通に垂直跳びをしても50センチくらいは行くよな。アデールは滑走路の上をジャンプしていただけだ、とも言われている。
 それに、このアデールの記録ってのは、ライト兄弟が記録を打ち立ててからフランス政府が「後出し」してきたものだとか。どうも怪しいねえ。
 また、ライト兄弟の飛行機「ライトフライヤー号」にはちゃんと操縦装置がついていたが、アデールの「エオール号」にはなかった。つまりはグライダーの延長線上だという指摘があるんだな。ライト兄弟がガソリンエンジンを使っていたのに対し、アデールは蒸気機関だしな。もっとも、馬力はアデール方が2~3倍はあったようだが。


 実は、飛行機の発明を巡っては、この時期に世界中で動きが並行していてね。ちゃんと記録に残る形で成功したのはおそらくライト兄弟が最初だろうが、国によっては全然違うことが言われてんのよ。
 たとえばロシアでは、世界初の航空機をつくった人と言えば、これはアレクサンドル・モジャイスキーということになっている。アデールより6年前の1884年7月20日、30メートルほどジャンプしたそうだ。もっとも、直後に大破したんで一般的には失敗とみなすんだが、ロシア人はこれが世界初だと信じてやまねえのよ。
 さらに、アルベルト・サントス・デュモンって人がいてね。ブラジルではこの人こそが飛行機の父だと言われている。あまり知られていないが、日本でも二宮忠八って人が1891年にプロペラ飛行の実験に成功しているんだぜ。


 しかし、誰が何と言おうと、フランスでのアデールの地位は確固としたもんよ。フランス語で飛行機のことをアヴィオンって言うんだが、これはアデールがつくった飛行機の名前に由来してるくらいだからな。
 ちなみに、映画を発明した人ってのも、日本ではトーマス・エジソンだと言われることが多いが、フランスではリュミエール兄弟だとされている。映画ってのは、いったいどの時点をもって発明とするかの定義が難しいらしくてね。そのへんで解釈が分かれるらしいぜ。


 いや、まいったね。
 ともかく、郷に入っては郷に従え。フランスに行ったら、クレマン・アデールとリュミエール兄弟のことを褒めておけば安心だぜ。




bancho200.gif




スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

11:00  |  コネタ・フランセ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  上へ↑
 | BLOGTOP | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。