2010年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2010.07.22 (Thu)

フランス語と英語、実はクリソツ?

 まいったね。
 ドーバー海峡には、まいったね。


 これまでにも何度か触れたが、番長、実際にフランスへ行くまでフランス語を勉強したことがまったくなかった。囓ったことすらなかった。自分の人生にフランスなんて国が絡んでくるとは想像もしてなかったぜ。
 しょうがねえんで語学学校でヒーコラ言って勉強した。おかげさんで中途半端にフランス語は身についたぜ。子どもだまし程度のもんだがな。で、思ったことを今日は書いてみようと思ってんのよ。

 まずは、フランス語と英語の関係についてだ。
 英語ってのは、日本人なら誰しもがある程度は知ってる。義務教育から教えられるからな。ま、いちばん身近な外国語と言っていいだろう。
 そんな英語とフランス語。勉強をし始めたころは全然違うと感じたもんだが、実はそんなに変わらないんじゃねえかという気がしてならねえのよ。

 たとえば、「フランス語と英語は違う」という例文を両国語で書いてみようか。


 仏) Le francais et l'anglais sont differents.

 英) French and English are different.



 見てもらえばわかるとおり、そんなに違わねえだろ。「different」とかさ。
 これは、ボキャブラリーが共通しているからだ。どちらもラテン語から派生した言語だから、語幹が同じなんだな。
 発音でも、カタカナにするとそんなに変わらねえ。


 仏)「ル・フランセ・エ・ラングレ・ソン・ディフェラン」

 英)「フレンチ・アンド・イングリッシュ・アー・ディファレント」



 英語はカクカクしゃべるのに対して、フランス語っては鼻濁音が多くてふにゃふにゃしてるからかな、実態以上に違って聞こえるんだよな。
 語学学校でクラスが同じになったイギリス人、の中でも博学なおじさんに聞いたんだが、彼の実感としては語彙の50%くらいは共通しているとのことだった。フランス語の知識がなくても、文章だったらわりと読めちゃう、と。


 文法もそんなに違わねえ。

 フランス語には、ざっと挙げるだけでも、複合過去・半過去・単純過去・前過去・大過去・前未来・単純未来、などの時制がある。
 パッと見、勘弁してくれ、って感じだろ?
 ところがどっこい、こんなことを言うと怒られるかもしれねえが、ややコケオドシ的な面が否めないんだな。というのも、日常使われるのは複合過去と半過去だけ。それぞれ英語の過去形と現在・過去完了形に相当する、と考えてもらえばいいだろう。

 違っているとこと言えば、形容詞の語順がある。「EU」は英語の「ユーロピアン・ユニオン」に対してフランス語では「ユニオン・ユーロピアンヌ」とひっくり返る。エイズの「AIDS」は「SIDA」(シーダ)になる。
 けどまあ、こりゃ「東京都立大学」が「首都大学東京」になるようなもんでね。実際に使ってみると、そう大した差じゃないのよ。


 フランス語は動詞の活用形が多い。現在形だけでも主語によって6種類に変化するんだが、上に挙げた時制によって活用が全部変わる。さらに、英語でいうところの仮定法に当たる条件法や接続法といった用法があって、こいつにもそれぞれに過去形があり、と全部違うんでエライことになるんだな。
 総じてフランス語は、英語より覚えなきゃいけないことの量は多いかもしれねえ。

 あと、困るのは名詞にすべて性別があることだ。これも理屈じゃねえので覚えるしかない。同じラテン語系列でも、フランス語とドイツ語では同じ名詞の性別が違ったりするからまいっちまうぜ。たとえば「月」は仏語だと女性だが、独語では男性らしい。

 そういうところには確かに違いがある。だが、根本的な違いじゃねえんだよ。語尾が「だがや」だろうが「だべさ」だろうが「ぞなもし」だろうが、主たる言葉が一緒なら意味は通じるだろ。
 男性名詞か女性名詞かなんて、どうせ冠詞が「ル」か「ラ」かくらいでしか区別しねえから、わからなかったらムニャムニャ言っときゃいいのよ。


 まあ考えてもみてくれ。
 イギリスとフランスを隔てるドーバー海峡(フランスではカレー海峡と言う)は、最も近い部分で34キロ。
 日本の津軽海峡が19キロ、尾道-今治のしまなみ街道が59キロ。陸上では東京-横浜間が29キロ。
 いくら海を隔ててるとはいえ、お隣さんだよ。行き来も昔から頻繁で、そんな極端に言葉が違うわけがないって道理だ。

 言語の違いを数値にして表す試みなんてのはないのかねえ。ないだろうから番長の実感で言わせてもらうが、フランス語と英語の違いなんて、日本の標準語と沖縄方言の違いくらいしかないんじゃねえか。乱暴な言い方だけどよ。
 ネイティブの沖縄方言って、まったく聞き取れねえよな。でも語源は同じだから、英語なんかに比べりゃずっと理解がしやすい。勉強すれば成果が出やすいってイメージでな。
 あるいは、北京語と上海語、広東語の違いというのかねえ。もっとも番長、中国語はできないから適当な喩えだけどな。


 でもってさらに。
 フランス語は英語以上に、スペイン語やイタリア語、ルーマニア語に似ているらしいんだな。それぞれの国の人間に言わせると。英語以上に単語が共通しているから、当てずっぽうで言っても通じちゃうことがあるんだってさ。
 言語学的にも、これらの言語はラテン語を語源とする言語の中で、ロマンス諸語という同じ語族に属しているんだってさ。
 ちなみに、英語はドイツ語やオランダ語などとともにゲルマン諸語、だそうだ。

 上の喩えで言えば、フランス語とスペイン語の違いは、博多弁と鹿児島弁くらいの違いと言えるかな。
 ま、ネイティブの鹿児島弁ってのは、これまた本当に聞き取れねえけどなあ。


 5カ国語を喋れるなんて聞くと、凄いなあと思うじゃねえか。これがヨーロッパには、ゴロゴロいるとは言わねえが、すごく珍しいってわけでもないんだよな。
 やる気さえあれば、日常会話などに限定した範囲なら、たとえば英・仏・西・伊・独・蘭語を操るとか、そう不可能なことでもなさそうだぜ。
 もし、英語と中国語とロシア語とアラビア語とタガログ語の5カ国語を話せる人がいたら、その人は本当に天才か、とんでもない努力家だろうけどな。


 ところで、フランスの語学学校には英語を母国語とする人もたくさんいてね。イギリス人やアイルランド人、アメリカ人や英語圏のカナダ人なんだが、彼らは中学、高校くらいで外国語(カナダ人の場合は第二の母国語)としてフランス語を勉強していて、だいたい4~5年は毎週何時間か授業を受けていた。
 しかも、上記のように、おそらく日本人が英語を学ぶよりは習得はかんたん。
 にもかかわらず、やっぱり喋れない。読む方、書く方は得手だったりするんだが。いったんコツをつかむと、伸びるのは早い印象ではあるがな。

 よく言うだろ、日本の英語教育はおかしい、中学高校と6年やっても全然喋れないとか。日本だけがおかしいってんじゃなく、どうも全世界共通の現象らしいぜ。


 いや、まいったね。
 英語が母国語だったら人生ラクだっただろうなと思うことがあるが、せめてラテン語圏だったら、もうちっとマシだったかもな!
 もっとも、これからは中国語ってのも英語ばりに国際語になっていくかもしれねえ。そうだとすれば、その点は日本語も悪くないかもな。大人になってから漢字を覚えることを考えるとゾッとするぜ。




bancho200.gif



スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

12:00  |  フランス語  |  トラックバック(0)  |  コメント(31)  |  編集  |  上へ↑
 | BLOGTOP | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。