2010年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2010.07.27 (Tue)

モロッコのフランス語、日本の英語

 まいったね。
 公用語?には、まいったね。


 番長先日、モロッコへと旅行に行ってきた。
 アンタ、知ってるかい、モロッコって国のことを。そうよ、カルーセル麻紀が性転換手術を受けたあの国よ。あとはあれだな、聖子ちゃんが歌ってたろ、「マラケッシュ~迷路のま~ち つかまえたらい~なり~よ~」なんてな。稲荷じゃねえぜ、言いなりだ。あのマラケッシュてのはモロッコにある町の名前だ。
 そんなこともあって番長の中では、神秘の国という印象だったんだが。実は地中海を挟んでフランスやスペインに面する、ヨーロッパからごく近い国だった。
 アフリカ大陸にあるんだが、交通網やホテルなんかはちゃんと発達していて、旅行しやすい。それでいて物価はヨーロッパに比べれば安い。しかも、迷路のように入り組んだ旧市街や砂漠に代表される自然景観など、見どころが多いときて、ヨーロッパ人にはとても人気のある観光地だ。日本から見たときのタイみたいな位置だな。


 そんなモロッコの公用語は、アラビア語だ。アラビア語しかないことになっている。
 ところが、フランス語がおっそろしく通じる。まったくわからないって人は珍しいくらいだ。バイクタクシーの運転手のじいさんやスーパーのレジうちのねえちゃんでもちゃんと通じる。
 これは、かつてのフランスの植民地だった影響だろう。正確には保護領だったそうだが。
 モロッコは「国際フランス語圏協会」に正式加盟している。同じく植民地だった隣国のアルジェリアは入ってねえのにな。

 モロッコのテレビには国営放送が2チャンネルあるんだが、うち1局は通常、フランス語で放送されている。アラビア語の字幕はなし。ニュースもバラエティもフランス語。映画はごていねいにフランス語の吹き替え版。
 現地に住んでいる方のブログによれば、放送時間の半分以上がフランス語のみで放送されているんだそうだぜ。

 もちろん、新聞や雑誌もフランス語のものがたくさん売られていた。
 看板や標識、駅のアナウンスからスーパーの商品表示にいたるまで、すべてアラビア語に加えてフランス語が併記されている。英語はない。
 それほどフランス語が身近な国だった。


 さて、メクネスという中規模都市から列車に乗ったときのこと。
 1等車だった。物価が安かったんで、ここは一つ張り込んでおくかと思ったのよ。2等車より倍くらい値は張ったぜ。そりゃ、客もそれなりの地位にいる人なんだろうよ。
 番長は3人のモロッコ人と同じコンパートメントに乗り合わせたぜ。両端に年かさの男性が2人、おそらく50代から60代初頭くらいだ。で、2人の真ん中に女性が1人。アラフォーってとこだろうか、見るからに気ぐらいの高そうなオバハンだ。
 この3人は連れってわけじゃない。いずれもたまたま乗り合わせた、見ず知らずの他人だった。

 なんとも驚いたことに、この女性が他のモロッコ人乗客と話すとき、フランス語を使うんだな。必ず。
 モロッコ人ではないのかと思って、気付かれないように観察してみたんだが。
 どうもそうとは思えないのよ。

 3人とも荷物が非常に少ない。女性はハンドバッグひとつ、男性はビニール袋を提げているだけ。旅行者には見えねえ。
 少なくとも男性2人は地元の人だった。この2人だけで話すときは、アラビア語と思しき言葉で会話を交わしていたからな。1人は軍人のようで、帽子をかぶってるんだが、これにモロッコ国旗にもある星印が付いていた。もう1人は、これはもうモスクの前でしゃがんでるのをよく見るような、そういう格好をしてたな。
 女性も、これはあてにはならねえが、顔は見るからにモロッコ人。いわゆるエキゾチックな顔立ちをしていた。目といい鼻といい、太った体つきといい、典型的なアラブ・スタイル。服は黒っぽいのを着てたが。何と言うのかねえ、中国は大変な経済成長を遂げたが、しかし、未だに日本人と比べると服装に抜きがたい違いが感じられることがあるよな。あの感じが漂っていたぜ。ま、これは極めて主観的な話だが。実際、ヨーロッパで見る中国人と日本人の服装の差ってのはどんどんなくなってきたように思うからな。


 それよりも、気になったのは彼女の使うフランス語よ。独特のイントネーションもあったんだが、それよりも。
 あいづちをうつときに必ず「ウィ、ビヤンシュー」って言うのよ。これは「もちろん」という意味なんだが、何度も何度も、数十回は繰り返してたな。
 これは英語で例えれば、ずっと「イエス、シュアー」と言い続けているようなもんだ。ネイティブだったら「アブソリュートリー」とか「イグザクトリー」とかなんとか言い換えるよな。
 フランス語でも同じことで、エヴィダモンとかアブソリュモンとかトゥータフェとかヴザヴェレゾンとか、なんなりと言い方はある。

 総合的に言って、3人ともモロッコ人だったと思うぜ。
 なぜアラビア語を話さないのか。いくらフランス語が身近だからって、これはたとえば、日本人同士が英語で会話するようなもんだぜ。


 ところが、こういう「モロッコ人がモロッコ人に対してフランス語で話す」って場面に、このほかでも何回も出くわしたのよ。
 スーパーで子どもにフランス語で説教をしていた父親。
 空港で職員にクレームをつけていた女性。
 うーん。

 似た現象が起きている国に、インドがあるよな。知識階級は英語を話す。独特の、かなり強いイントネーションがあるが。
 でも、インドは国内に100以上の言語を持つと言われている多言語国家だ。公用語のヒンディー語ですら、人口11億人のうち4割くらいしか使えないらしい。だから、英語の出番が増えるのもまあわかるよ。

 しかしモロッコに存在するのは、アラビア語のほかにはベルベル語だけ。山岳地帯の言語だが、これをさらに細かく分類しても3言語にしかならない。
 ちなみにモロッコの全人口は3200万人で、ほとんどがアラビア語を理解する。インドとは事情が違うわけよ。

 例のアラフォー女性の姿は、自らの知的レベル、およびそういう教育を受けられた背景としての富、洗練されたわたし、を示すためにフランス語をしゃべってるように感じられたぜ。つまりはステイタス。ヴィトンのバッグと変わらねえ。
 もっとも番長には、モロッコ人との会話にフランス語を使うってこと自体が、すこぶる知的レベルの低い話に思えてならねえけどな。日本でヴィトンのバッグを持ってる人を見ても、センスがいいとは思わないのと同じようにな。


 モロッコは1912年にフランス統治下に入り、第二次世界大戦後の56年、独立した。その間わずかに50年。
 なあ、たとえば韓国人が日本からの独立後、日本語を進んで話すことがあっただろうか。ないよな。金輪際ないよな。
 なんなんだろうこの違いは。
 なんてことを考えているうちに、メクネスを出た列車はモロッコ最大の都市、カサブランカに着いた。ハンフリー・ボガードが主演した同名の映画でも有名だよな。アンタも名前くらいは聞いたことあんだろ。

 この町はビジネス都市で、観光客にとっての見所はあんまりねえ。そんな中、ほぼ唯一の呼び物となっているのが、ハッサン2世モスクってヤツだ。
 とにかく巨大で、ミナレット(尖塔)の高さ200メートルは文句なく世界一、全体の大きさも世界で3番目だとか(1番はメッカ)。のべ1万人にのぼるモロッコ人職人が7年の歳月をかけて完成させたというモスクは、確かに壮麗だった。モロッコじゅうから寄付やら税金やらを集め、かかった予算は5億ドル(だいたい500億円)を下らねえという説明だった。社会保障とかインフラ整備とかに使えよ、と思ったがな。
 このモロッコの誇り、前国王の名を冠した巨大モスク、なんと設計したのはフランス人。ミシェル・パンソーという人だそうだ。
 こりゃ明治神宮をアメリカ人に設計させるような話じゃねえかよ、なあ。


 番長があえて言う話じゃねえが、外国語を学ぶというのはとても重要なことだ。言葉を学ぶというのは、言語体系を通じてその価値観を学ぶということでもある。フランス語を勉強すれば、フランス的な発想ってもんが身についてくる。視野が広がるぜ。
 他方、言語を学ぶというのは、その言語に対して屈服することだ。無条件降伏をすることに他ならねえ。

 以下、話をわかりやすくするために、フランス語を例に取るが、どの言語でも同じことだぜ。
 フランス語に関して、フランス人は絶対的な存在だ。
 こっちの喋ったことを聞いたフランス人が、わからない、違うと言えばそれまで。なぜと疑問をぶつけたところで「フランス語ではそうなってるから」と言われればそれまで。
 言語というのは、どれだけ体系的に学問化されていたところで、そういう性格のものだ。山のことはなんでモンターニュって言うんですか、なんて聞いても詮無いことだろ。

 じゃ、言語を習得して楽しいのはどういうときか。
 フランス人の話していることが聞き取れるようになったとき。こちらの言ったことがフランス人にちゃんと通じたとき。
 言ってみれば、フランス人に近づいたとき、フランス人に認められたとき、なのよ。

 すなわち、フランス語という枠内においては、フランス語ネイティブとフランス語学習者の間では、常に上下関係がはっきりしているわけだ。

 それぞれの植民地では、もともとフランス語を使っていたわけじゃねえ。支配されて宗主国の言語を使うようになった。
 モロッコでは公用語でこそないが、上記の通りの有様。西アフリカでは多くの国でいまだに公用語だ。現地の人々はこの言葉を習得しようとし、その度ごとに無条件降伏を強いられる。フランス人が先生に、師匠になる。そういうことを繰り返しているわけだ。


 番長が思うに。
 語学や学問に限らずあらゆることについて言えるが、人に屈服できないヤツってのはダメだ。ひざまづいて教えを請う謙虚さがないヤツってのはさ。
 だが、言語を学ぶというのは、人のランク付けに直結するって一面もある。
 モロッコで目にしたいびつな情景は、まさにそういうことの一端だったんじゃねえかなと、思ったわけだな。

 日本だって例外じゃねえ。
 楽天だユニクロだって会社では、英語を社内公用語にするらしい。そこまでいかなくても、出世するにはTOEICで何点が必要、なんて会社は枚挙にいとまがねえよな。
 そういえば英語を日本の第二公用語にしようなんて議論が、大まじめにされたこともあった。モロッコで見たフランス語オバチャンは、日本にもたくさんいるようだな。


 いや、まいったね。
 残念だったねえ、第二次大戦後にアメリカの日本支配がごく短期間で終わっちまったのは。おかげさんで、今でも日本はTOEIC世界ランクで最下位を競おうかって有様だぜ。




bancho200.gif



スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

11:00  |  フランス語  |  トラックバック(0)  |  コメント(31)  |  編集  |  上へ↑
 | BLOGTOP | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。