2010年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2010.07.30 (Fri)

ア・ビヤントー しばしの別れ! 番長、麻薬犬にひっかかるの巻

 まいったね。
 税関には、まいったね。


 場所は成田空港。番長、初体験をし・ちゃ・っ・た・ぜ。
 11時間あまりのフライト、まあ熟睡など望むべくもねえ。隣には若いカップルが座ってやがったんだが、離陸から着陸まで2回の食事すらほとんど手も付けずにひたすら眠りこくっていて、なるほど睡眠とは若さなんだな、と思ったもんだぜ。おっと、番長もピッチピチのハタチだがな。
 ま、何事もなく成田に着いたってわけだ。

 パリ発ってことで検疫の通過もあっという間。いいのかねえ、アフリカよりもよほど強固なフランス菌がびっちりこびりついてると思うぜ。ま、通してくれるってんなら通るけどよ。入国審査もものの数十秒で終わり、バゲージもロストすることなく出てきたんで、空港を出ようとしたところ。

 税関でストップがかかった。
 最初に対応してくれたのは女性職員だったんだが、後ろからスイッと男性職員が出てくるんだな。で、何やら色々と写真の入ったクリアファイルを繰り返し丁寧に見せられる。
 薬物や銃刀剣類、動物やら植物、ポルノなど持ち込み禁止物が載っているもので、「こういうものは持ち込んでませんかね」と。いや、さっきの姉ちゃんにも言っただろ。持ってねえよ。

 これは後から考えれば時間稼ぎだったんだな。
 気が付いたら、オマエどう見ても柔道5段だろって感じの、税関の制服着てなかったらソウル五輪のころの斉藤仁、的な外見の野郎も番長を取り囲んでてな。
 ん?と思っていると、ファイルを見せていた男性職員が言うんだ。実は私どもの犬がそちらのスーツケースに興味を示しました、と。
 ははあ、さっきからカワイイわんちゃんがいたなあ。ずいぶん番長になついて。
 って、麻薬探査犬だったのかよ。

 案内されるまま奥の事務所へ、ごろごろ荷物を引っ張って行ったぜ。
 小さな部屋には机が一つ。斉藤と私が向かい合い、かたわらにファイルの男。おい、これって警察署の取調室にそっくりじゃねえか。
 番長もたいがい旅行好きで、海外には何度も足を運んでるが、こういうのは初めてだぜ。

 スーツケース、および機内に持ち込んでいたバックパックをひっくり返して、と言ってもここは日本なので丁寧に一つずつ梱包を解いていくんだが、そういう作業がファイル男の手によって始まった。めぼしいものはないかってんでね。

 斉藤が書類に何やら書き込みながら聞く。


 「ええと、連絡先の電話番号、何かありますか」

 いや、帰国したばかりなんでまだ電話はねえよ。

 「ご実家とか勤務先とかで結構ですが」

 ああそうかい。

 「フランスには長く滞在されてたんですか」

 それほどでもねえよ。

 「お仕事ですか」

 よく見ろ、学ラン背負ってんだろ。

 「なるほど。ちなみに留学先は」

 パリキャト大、応援部員だよ。

 「失礼ですが、先ほどご実家の電話番号を確認されている時に、052、と書いてあるように拝見しましたが……」

 ああそうだ、その番号は中京地区だよ。
(斉藤、はしっこいヤツ。マツコ・デラックスみたいなカラダして)

 「私の叔母も多治見に住んでましてね」

 そうかい、そいつは良かったな。日本一暑い町じゃねえか。



 斉藤、ピントずれてるぞと思ったが、今ふり返ってみると、斉藤はこのとき荷物検査をする時間を稼ぐために、のろのろと関係ない話を織り込んでいたのかもしれねえな。
 ま、ないものはないよ。
 以前は、イエメンで刃を落としていない伝統の小刀「ジャンビーア」を、ウズベキスタンでよく切れる伝統のハサミなんかを、それぞれ買ってきたこともあった。ような気がする。ま、こりゃ見つかってたら銃刀法違反だったろうな。
 しかし今回、あらゆる観点で後ろ暗いモノはひとっつも持ってねえ。こっちも堂々としたもんだ。そして実際、なんも出ねえ。
 このちっこい部屋に押し込められてから、ゆうに30分は過ぎただろうか。
 ついにファイル男は、ひととおりスーツケースをチェックし終わっちまった。だんだん向こうの空気が変わってくる。



 「これ、なんですかね?」
 (真っ黒いバッグ、中にはガムテープでくるんだ紙包み)

 ああ、カメラだよ。

 「……」

 ……

 「再度の確認になりますが、(さっきのファイルを見せて)こういうものは所持されてませんか」

 ないってのよ。

 「犬のことですから、必ずというわけではないんです。何か食品類でにおいのあるものとか、心当たりはありませんか」

 ないねえ。(ていうか、犬が反応したからここまで引っ張られてるってことか。)

 「じゃあ心当たりはまったくないと」

 正直、洗濯物くらいだね。ワッハッハ、こいつは3日間分くらいあって、汗を吸ってるからクッセエけどな。

 「パリから帰国されたとのことですが、(パスポートを見ながら)」

 (ちぇ、ノってこねえな)おう。

 「フランス以外の国には行かれてませんか」

 いや、いろいろ行ったよ。

 「どんな国ですか」

 そうねえ、イギリス、スペイン、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、ドイツ、オーストリア等々。

 「誰かに何かを渡された、なんてことはありませんでしたか」

 (なんだよそりゃ、逮捕された容疑者の言い訳かよ)いや、ないねえ。

 「あるいは、そういった国々で、治安のあまり良くないところに行ったとか」

 率直に言って、ヨーロッパでどこからどこまでが治安がいい悪いというのを明確にすることは難しいし、そりゃ行ったことがないとは言えねえと思うぜ。

 「そういったところで、ご自身は何もされていなくても、近づいたりとかね」

 ああ、そういうことか。オランダのことね。ハッキリそう言ってくれよ。

 「アムステルダムなんて有名ですからね」

 なるほど。でも本当に行ってねえよ。番長、コカインよりもコカコーラ・ゼロの方が好きなんでな。

 「はっは、そうですかそうですか。なるほど。わかりました、もう結構です」




 そんなわけで、荷物をしまって東京へ出た。
 あー、無修正のエロ本とか入れてなくて良かったぜ。


 というわけで、いま番長は日本にいる。帰ってきちまった。
 久しぶりに吸うシャバの空気は、なんだかジメってやがるな。これが日本の湿気ってヤツか。それも今は心地良いぜ。

 言いたい放題いろいろ書いてきた番長だが、どうやらネタも尽きてきた。ここらが頃合いってことかもしれねえな。しばしの間、筆を置かせてもらうとするかい。

 読んでくれたアンタ、コメントをくれたアンタ、拍手してくれたアンタ、人気ランキングに投票してくれたアンタ、クチコミで広めてくれたアンタ、マイミクになってくれたアンタ、ツイッターでつぶやいてくれたアンタ、自分のサイトで取り上げてくれたアンタ。みんな、どうもありがとうよ。

 おっと、これでオシマイってわけじゃねえぜ。番長は不滅だ。気が向いたときに、またフラリとここへ戻ってくることもあらあな。そんときゃ一つ、キャトル・シス・キャトル・ヌフで頼むぜ。

 フランス人は別れるときに、「ア・ビヤントー」と言う。ビヤントーってのは、間もなく、すぐに、って意味だ。次にいつ会えるかわからない、ひょっとしたら一生会えるかわからないときも、この言葉を使う。どうせ誰にもわからないんなら、すぐ後で会える確率も、それが10年後になる確率も、一緒だからな。

 だから言おう、ア・ビヤントー。達者でな!




bancho200.gif



スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

11:00  |  俺節フランス  |  トラックバック(1)  |  コメント(115)  |  編集  |  上へ↑
 | BLOGTOP | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。