2017年03月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  上へ↑

2010.03.23 (Tue)

出しとけ出しとけ、ハダ出しとけ!

 まいったね。
 ムダとしか思えない露出には、まいったね。


 フランスでは、番組によって視聴年齢の制限が設けられている。
 暴力的、性的なシーンがあると、そのレベルに応じて「-18」「-16」「-12]「-10」などと区分けがされるんだな。
 それぞれの数字の年齢に達していない子どもはこの番組を見ちゃだめよ、という意味だ。



s-moinsde12ans2.jpg



 番組冒頭にその旨の表示が画面下部にされ、



s-moinsde12ans1.jpg



 放送中は丸で囲った数字が常に薄く示されてんのよ。


 似たような仕組みは日本にもあるよな。有名な映倫には「PG12」「R15+」「R18+」という区分があって、「バトル・ロワイヤル」なんかは暴力的なシーンが多いってんで15歳未満は見られなかった。ポルノ映画(ってまだやってるのかね)やアダルトビデオにも18禁という指標がある。

 しかし、日本では、地上波のテレビ番組にそういう区分はない。
 そもそも18禁に該当するようなものは放映してねえし、10禁や12禁といった細かい年齢制限の刻み方はしてねえからな。

 フランスでも、さすがに地上波で18禁ってのにはほとんどお目にかからない。
 だが、「-10」「-12」あたりは珍しくねえ。毎日のようにあると言っても過言じゃないな。
 たとえば、日本でもよく知られているアメリカ製ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」は-10のレーティング。 武器商人を描いたアメリカ映画の「ロード・オブ・ウォー」は-12だったぜ。

 もちろん、こういう設定がされているからと言って、強制的にテレビの電源が落ちるわけじゃねえ。だが、この手の問題に関心の高い親にとって、目安にはなる。
 日本のアニメは暴力的だから放映をやめよう、なんて議論もされるくらいだ。暴力的ったって「北斗の拳」を流してるわけじゃねえ。「ドラゴンボール」でもバイオレンスなんだそうだ。総じてフランス人は日本人よりも、テレビのもたらす害悪について敏感だ、と言えそうだな。


 だが、どうにも番長には腑に落ちねえ番組がある。
 月イチくらいのペースで土曜のゴールデンタイムにやっていて、直訳すると「世界で一番でっかいキャバレー」というタイトルなんだが。
 夜8時35分から約2時間の放送で、大きな舞台のある劇場に観客を入れ、マジックやらコントやら大道芸やらを次々に披露させるという、たいして面白くもないけど人畜無害な番組だ。
 これならお子さまも安心、ということで年齢制限はない。

 ところが、番組の冒頭で毎回、1ダースくらいのお姉さんがわらわらとステージ上に出てくる。で、司会者の男性を囲むように並ぶんだが、なぜかみなさん上半身全裸、はっきりとビーチク全開、ルーマ見えなんだな。
 下半身は、そうねえ、クジャクのようだというか、あるいはリオのカーニバルに出てくるダンサーみたいな感じの衣装というかな。こちらも大変な露出具合なのよ。
 で、お顔の方はそろってにっこりスマイルね。
 司会者はきっちりとタキシードを着込んでるんだぜ。なんだって彼女たちはハダカなんだ。マネの「草上の食事」以来の伝統ってヤツなんだろうか。何の説明もねえのよ。
 最初に見たときは番長、あっけにとられちまったぜ。エロさはさしてないし、設定がキャバレーだからそう場違いってわけでもねえんだろうが、なんなんだこれは、ってな。



s-moinsde12ans3.jpg
(画面右上の人たちがお姉さん。あえて引きの画像を選んだぜ)



 日本でも、かつては女性の裸が出てくる番組があった。海賊チャンネルとか11PMの行水コーナーとかな。それでも、ほとんどは深夜番組だったと思う。
 今は深夜も合わせて、地上波からビーチクは完全に駆逐されてるよな。

 この番組はゴールデンタイムのど真ん中、週末の土曜日にやっている。
 しかも、流してるのは国営放送のフランス2なのよ。
 日本でいうところのNHKだぜ。
 「クイズ日本人の質問」で、古舘伊知郎や大桃美代子の後ろに裸のお姉さんたちが並んでいる絵柄を想像できるかい?
 喩えるならそういうことが起きてんのよ。

 このお姉さんたち、ステージ上に立ってるだけで、踊るわけでもなければ歌うわけでもなく、いわば背景というかセットみたいなもんで、オープニングが終わるとそそくさと舞台袖へハケていく。
 オープニングと言っても、司会者が最初のあいさつをしてゲストのタレントを紹介している間、5分もないくらいだ。
 かえすがえすも、まったく存在意義がわからねえぜ。
 キャバレーっていう設定を表すための道具、舞台装置なのかな。


 こいつは18禁とはいかないまでも、10禁や12禁くらいには相当するんじゃねえかという気もするんだが、そうはならないんだな。
 砂浜でトップレスになってる人がざらにいるのを見ても思うが、どうもフランスでは女性が胸をさらすことに対する抵抗感が少ないようだ。
 まあ、トップレスったって、たいていはおばさんで、残りはおばあちゃんだがな。
 それがかえって抵抗のなさを雄弁に物語っているような気もするぜ。

 テレビコマーシャルや街角の広告ポスターでも、化粧品や薬、食品など様々なジャンルで、裸の女性、時には男性を使っているのをよく見かけるぜ。さすがに乳首は出てこねえが、日本に比べてずいぶん多いような気がする。
 あと、エロ本のポスターが街角の目を引く所にドーンと張ってあったりもする。
 さらに身近なところで言うと、胸元のざっくり開いた服の多いこと多いこと。そういう服しか売ってねえんじゃねえかってくらいだ。おばさんはともかく、おばあちゃんも超開いたのを着てんのよ。垂れてようがしなびてようが関係ナシ。

 いや、番長も男。女性が露出して悪い気はしねえよ。
 しかし、いくら若い子だったとしても、秘すれば花、ってヤツだと思うんだな。隠れてるからいいのよ。ドーンと出されても困るのよ。小悪魔気取られても対応できないのよ。しなびる一方なのよ。


 いや、まいったね。
 どっちかと言うと番長、ムダなハダカの方を取り締まってほしいぜ。




bancho200.gif



スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  ← クリックしてもらえりゃありがたいぜ。

人気ブログランキングへ   パリ生活情報   blogram投票ボタン

テーマ : フランス ジャンル : 海外情報

11:00  |  俺節フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(22)  |  編集  |  上へ↑

*Comment

この番組、観た事あるような気がします。(たぶん今現在のカナダでも、フランス語チャンネルで観れると思います)ほいでもって、もっともっと鼻血ブーになるかと思ったのが、イタリアのテレビ番組!裸のおねえさまが沢山!気前の良いイタリア。私個人的には好きでした。それでコマーシャルは、たかがクッキーを売りつけるだけでも、随分と声色の良い男性による、耳をくすぐるような詩の朗読のようなコマーシャル。憎めないっす。あー申し訳ないです、勝手に話をそらして。ともかくですね、拍手して帰ります!
くらら |  2010.03.23(火) 11:45 |  URL |  【コメント編集】

番長、全然OKですよ!!
あ |  2010.03.23(火) 12:15 |  URL |  【コメント編集】

■エロ度とはなんぞや。

11PMの行水コーナー懐かしいなぁ。あと、ウィークエンダーの「再現フィルム」ね。しかし、どこからどこまでがエロでありエロでないのか。私にとっては今でも「スウェーデン」は、立派なエロ用語(爆)! あ、私オンナです、念の為。
黒プリシラ |  2010.03.23(火) 18:52 |  URL |  【コメント編集】

引きの画像に番長の純情を感じました。ぽっ(赤面)
Y子 |  2010.03.23(火) 19:38 |  URL |  【コメント編集】

■ナチュレ~

番長初めまして。修羅場!なのに、深夜に一気に始めから読んでしまいました。。。面白すぎて、まいったね。(笑)
仏に居た頃、ニュースでバカンス時の砂浜裸体映像が流れて、ワタクシ大騒ぎしていたら、仏パパ(ホームステイ先の)に「なんで騒ぐの?自然の姿じゃないか~」と一笑されました。。。そしてその上をいくイタリア、のインテリア雑誌内のブラインドの広告で「全裸の女性とブラインド」という写真には、意味不明で衝撃でした。。。ラテンの血なんでしょうか?

仏の愉快なネタ、楽しみにしています♪
※ニースにてビーサンで思いっきり出来たてわんこフン、踏みつけ泣きそうになったことあります~。前ネタですみません。思い出してしまったもので、あの感触。
修羅場羅 |  2010.03.24(水) 00:32 |  URL |  【コメント編集】

番長、こんにちは。

わたしも気になっていました、CMに裸の女性が頻繁に登場するお国柄。
そして胸の谷間を強調する服(特に年配の女性)!!
夜8時TF1のお天気”お姉さん”、もちろんキレイな方だとは思いますが、
日本だったらもっと若い女性なのに・・・と、つい思ってしまいます。
ま、それが日本の良くない所かもしれないですけどね。
「若ければいい」ってゆう考え方は、わたしも好きじゃないですし。
でも時々彼女の(他の方もですが)服装が気になるのは事実です。

反面、フランスは歳を重ねても「女」でいられる国だと思います。
服装もしかり。「○歳だから」なんて言わないで、オシャレを楽しむ。
男性が女性を見る目も日本とは違う気がするんです。
だから女性も「女」になる。男性も「男」としてがんばる。
そう考えると、「わたしもがんばろう!」ってなるんですよね。
だからって胸の谷間を協調する服は着れませんが・・・

そして最後にもうひとつ(毎度長くてすみません)。
日本にいた時夫が驚いていたのですが、ゴールデンタイムに
HG(ハードゲイ、ご存じですか?)が頻繁に出ていた時期がありました。
わたしは笑って見ていましたが、彼にとってはショッキングだった様で・・・
(深夜ならまだしも、子供が見る時間帯にあり得ないって意味で)
日本とフランスでは、気になるポイントが違うのかもしれないですね。
えみり |  2010.03.24(水) 03:17 |  URL |  【コメント編集】

フランスって、意外と男中心社会なんですね…。
日本でも、昔は女性の裸もどきの映像が盛んにテレビで放送されてましたけど、女性の社会進出が進むにつれて少なくなったように思います。

ヨーロッパでは家庭の財布は男が持つとは聞きますけど、やはり日本での女性のイメージと実際はかなり違うのではと思います。
く |  2010.03.24(水) 13:50 |  URL |  【コメント編集】

■質問が

ビーチク全開・・良い響きです。

番長、話が違うんですが
お聞きしてみたいことがありまして
モナコのマグロの件(おおざっぱすぎるでしょうか)なんですが
日本のテレビで「モナコの王様が一人で言い出したから」だと
まるで生類憐れみの令みたいなこと言ってたんです。
しかも、モナコをはじめ、フランスでもマグロはもう
食べられていないと言ってたんです。
本当なんですか?

マグロを食べる善し悪しは別にして、気になってしまいまして。
すみません。
ラブ番長。
焼大福 |  2010.03.24(水) 14:21 |  URL |  【コメント編集】

初めまして。
サブタイトルの「さらば、幻想のフランス!」ってイイですね!
これに惹かれて一気に読みました。
そういえば10年くらい前に、どっかの(←忘れたでもイム)ブランドのポスターがモデルの裸で注目されたことがありましたね。
テレビでもボカシ無しのラブシーンとか・・・。
パリに住んでいた時に、日本から遊びに来た両親をムーランルージュに連れていったら、踊り子がみんな何故か胸だけ布が切り取られた裸の衣装(爆)
そこだけでも見せたいのかいっ!って突っ込み入れたくなりました。
フランス番長さんを見習って、ワタクシも真の「汚腐乱ス」を綴ってゆきます。
ももくそ |  2010.03.24(水) 17:47 |  URL |  【コメント編集】

■そんなこといかん!

番町、こんにちは。
なんと!ですよね、面白いですけど。性描写じゃないからまあいいでしょう、ってとこでしょうか。アメリカではジャネット・ジャクソンのビーチクが写ってたってんで、大変な騒ぎになってましたよね。本人は謝罪までさせられて。
1つ気になるのは、ビーチでトップレスの人は、たいていはおばさん以上だということで、それはなるほどと思うんですけれど、ときどき若い人もいたとして、その人たちは水着をつけているんでしょうか、それともつけている人もいれば、取っている人もいるという感じでしょうか。実はだいぶ前に留学時代のフランス人のクラスメートとメールで連絡を取ったときに、彼女はかなりの美人でしたが、「夏のバカンスをスペインの海辺で過ごした」と言っていたので、彼女もトップレスになるのだろうか、そんなことは断じてあっちゃいかん!って思ったのを思い出しまして。さすがに本人に聞くわけにもいかず・・・。
triolet |  2010.03.24(水) 18:47 |  URL |  【コメント編集】

■くららさん、押忍!

 イタリア! イタリアのテレビ番組ともなりゃ、さぞかし大変な露出なんだろうなあ。なんぜポルノ女優が国会議員になっちまう国だもんな。ちらりと調べてみたらチチョリーナ元代議士はおんとし58歳だそうだ。はーっ、番長も年をとるわけだね。スペインなんかもひょっとしたらスゲエ番組をやったりしてるのかな。いやはや。
フランス番長 |  2010.03.24(水) 22:08 |  URL |  【コメント編集】

■あ さん、押忍!

 オ、OKって何がOKなんだい? しなびてもOKってことかい? いや、しなびるのはしのびねえぜ!
フランス番長 |  2010.03.24(水) 22:10 |  URL |  【コメント編集】

■Re: エロ度とはなんぞや。

 黒プリシラさん、押忍! 確かにエロの線引きは難しい。あまりにブリンッとおおっぴらにやられると、そりゃエロでもなんでもねえからなあ。スウェーデンもそうだが、トルコって言葉も世代によっちゃエロい雰囲気が出てるよな。トルコの方々にはお気の毒さまだが。
フランス番長 |  2010.03.24(水) 22:13 |  URL |  【コメント編集】

■Y子さん、押忍!

 ふっ、番長は硬派。純情なのよ! ……いや、ブログを運営するFC2にアダルト認定されても困るしな。
フランス番長 |  2010.03.24(水) 22:14 |  URL |  【コメント編集】

■Re: ナチュレ~

 修羅場羅さん、押忍! アンシャンテだぜ。そんなサザンの曲があったよなあ。記事を楽しんでもらえたみたいで光栄だぜ。いやそりゃ、自然の姿っていえばそうなのかもしれねえけどよ。やっぱり番長みたいな純日本人にはよくわからねえぜ。それとイタリアってのはやっぱスゲエんだなあ。なんでブラインドの広告でヌードなんだか。それってやっぱ、ハダカを置いときゃ人の視線を集めるっていうデザイナーの意図がまずあって、それを了承するスポンサーがいて、その設置を許す環境がないと成立しねえよなあ。イヤハヤなんとも、だぜ。
フランス番長 |  2010.03.24(水) 22:19 |  URL |  【コメント編集】

■えみりさん、押忍!

 天気予報! いやまったく同感よ。あの年増のお姉さん、なんだっていつも露出度高い格好してんのかねえ。胸の谷間もそうだが、肩をガンガン出してくるよな。ノースリーブ大好きなのかね。ありゃ用意された衣装かね。だいたいフランスの天気予報ってのは、なんであんなに早口でしゃべるのかねえ。画面上に情報は出てるんだから、そうツメコミでいっぱいしゃべんなくてもいいじゃねえかといつも思っちまうんだが。女性が年を重ねても女である事を捨てないってのは別に悪いことでもなんでもねえ。ただ、年に合わせた格好てのがあるような気もするんだな。たとえば吉永小百合は相変わらずきれいだが、谷間も肩も出さなくてもきれいだよな。ま、好きにしてくれりゃあいいけどよ。ところで、レイザーラモンHG。確かにフランス人にはショックだろうな。ただまあアレも、アレがシャレにならないところがヨーロッパなんだろうな。はるな愛はOKなんだろうかねえ?
フランス番長 |  2010.03.24(水) 22:25 |  URL |  【コメント編集】

■く さん、押忍!

 うーん、確かに日本人が思う社会とは違うようだな。あらゆる場面で女性の発言権が強い国だとは思うが、男社会的な面ももちろん残ってる。ハダカの見せ方に関しても、女性が自主的に見せていると思い込める範囲内ではOKってことになってるんだろうなあ。間接的には男の思うままになってるのかもしれねえけどな。
フランス番長 |  2010.03.24(水) 22:28 |  URL |  【コメント編集】

■Re: 質問が

 焼大福さん、押忍! さてマグロの件だが。そもそもフランスにおいて、マグロってのはあんまり身近な食材じゃねえ。御存知の通り刺身を食う文化はないし、魚屋の店頭でもマグロの赤身を見る機会はほとんどないんじゃねえかな。だから、「もう食べられていない」というよりは、「もともと食べていない」。ただ、もちろんのことツナは存在する。ツナ缶ってのは広く売られてるぜ。ただツナ缶のツナはクロマグロじゃねえそうだな。それと、レストランなんかでマグロを使った魚料理が一切存在しないかと問われれば、そんなことはねえと思うよ。メニューに載ってるのを見た記憶があるぜ。あれもクロマグロじゃねえんだろうけどな。あやふやなお答えで申し訳ないねえ。
フランス番長 |  2010.03.24(水) 22:33 |  URL |  【コメント編集】

■ももくそさん、押忍!

 ビヤーンブニュだぜ。そういや本文中では触れなかったが、ボカシやモザイクなんていう無粋なもんも確かにフランスにはねえな。しかしムーランルージュ、番長は行ったことねえんだが、その衣装はケッサクだねえ! フランスのセンス炸裂って感じだな。そうなのよ、エロと言ってもトホホ感のあるエロっていうのかな。フランスって決して格好いいもんじゃねえというのをもっと知っていただきたいところだぜ。
フランス番長 |  2010.03.24(水) 22:43 |  URL |  【コメント編集】

■Re: そんなこといかん!

 trioletさん、押忍! 線引きはよくわかんねえのよ。だって「セックス・アンド・ザ・シティ」が規制に対象になるのは、明らかに暴力シーンじゃなくて性描写の方だよなあ。おそらくは何か基準があるんだろうが、考えてみればすべてのテレビ番組をどこかの機関が審査してるってことなんだろうなあ。地上波だけじゃねえから大変な作業だな。その割には大した効果はねえような気もするんだが。
 さてトップレスの件だが、トップレスの件ってなんだよ。おっと自分に突っ込んでる場合じゃなかったな。若い女性でもトップレスは存在するよ。ただ、やっぱ恥ずかしいんだろうか、相対的には少ないような気がする。ビーチの場合だと、せいぜい水着のブラひもに当たる部分を外してるってな手合いの方が多いんじゃないかな。トカーンと放り出して歩いてるチャンネーってのは見たことねえ。だが、たとえばスペインのイビザ島あたりは相当開放的なようだ。番長の経験だと、以前ドイツのバーデンバーデンって温泉に行ったときに、混浴で水着着用の施設だったんだが、見事に素っ裸の若いチャンネーたちがいて驚いたことがあったな。
フランス番長 |  2010.03.24(水) 22:54 |  URL |  【コメント編集】

■日本の子どもの場合

番長さま、はじめまして。
楽しくよませていただいております。
今、たけしさんの番組で、フランスの婚外子問題を扱っていましたが
こちらで予習していたおかげでクールに楽しむことができました。
ありがとうございます。

ところで、ハダカ!

数年前、知人の結婚披露宴に出席したときのこと。
和やかに式次第は進行し、「思い出のスナップ」のスライドの時間に。
題材は、「新郎撮影の婚前旅行写真」
ここまでは、よくあるよくある。

しかし、新郎はカメラマン、新婦はダンサー。
大きなスライドに映し出されたのは、

「新婦の大胆ヌード!」

(ええ~、こどもがいるのに~~!)
と大人は焦りまくっていましたが

子どもたちは、
「あはははは!わはははは!」
スライドを指差して笑っていました。

日本の子どもにとっては、裸=笑うもの、らしいでした。。
在日邦人 |  2010.03.26(金) 21:03 |  URL |  【コメント編集】

■Re: 日本の子どもの場合

 在日邦人さん、押忍! ビヤーンブニュだぜ。フランスででっかい賞をとった世界のタケシ・キタノの番組にはたして番長の記事みたいなもんが役に立ったのかは疑わしいが、ともかく読んでもらえて光栄だぜ。ところで、新婦の大胆ヌード! そいつはエピソードとしてはめちゃくちゃ面白いなあ。日本人でもそういう人がいるんだねえ。ただ、確かにそうだった、ハダカってガキの頃は笑いの対象だったよな。やっぱり思春期のころから意識しちゃうようになるのかねえ。なんとも人間の感覚ってのは不可思議だな。
フランス番長 |  2010.03.27(土) 11:07 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する(お題・メール・URLは省略可)

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
表示設定  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://fban.blog9.fc2.com/tb.php/57-b5380e06

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。